site_logo

光文社厳選!和食情報ナビ

● 日々是和食一覧

日々是和食秋の味覚をまるごと味わう 季節限定の和菓子が登場
秋の味覚をまるごと味わう 季節限定の和菓子が登場
“菓子”といえば思い浮かぶのは、どら焼き、饅頭、ケーキ、チョコレートなど多種多様な食べ物。でも、古くは果実や木の実を表す言葉だったということをご存知でしょうか。 そんな“菓子”の原点、果実の味や形を生かした和菓子作りを得意とする「宗家 源 吉兆庵」から、秋の味覚を味わう季節限定品が登場しました。 果実をまるごとひとつ使って季節ならでは姿・形・味わいを……
more
日々是和食さかな歳時記「二十四節気・秋分」 江戸前天ぷらの主役
さかな歳時記「二十四節気・秋分」 江戸前天ぷらの主役
二十四節気●秋分●9月23日 日本人になじみ深い釣魚のこの魚、江戸時代後期に天ぷらが登場して以来の代表的なネタとなっています。 秋に旬を迎えたものは「彼岸」の名を冠し、珍重されるこの魚を選びなさい。 ①キス②サヨリ③ハゼ④メゴチ 【解説】 私たちになじみの深い釣魚で、とくに東京湾のハゼ釣りは、……
more
日々是和食枯節のコクとうま味が凝縮 だしのプロが作ったしょうゆ糀
枯節のコクとうま味が凝縮 だしのプロが作ったしょうゆ糀
今年の夏は、猛暑を筆頭に天候不順が多かった印象がありますが、農林水産省の農林水産統計によればお米への影響はさほどでもなく、生育状況はおおよそ平年並みだそう。 間もなく訪れる新米の季節にぴったりの、ご飯が進む新商品が登場しました。 炊きたてのご飯にのせてほおばれば、絶妙な甘じょっぱさと共に濃厚なコクとうま味が広がる「だし屋の食べるしょうゆ糀」。メーカー……
more
日々是和食さかな歳時記「二十四節気・白露」 不漁一転 今年こそ
さかな歳時記「二十四節気・白露」 不漁一転 今年こそ
二十四節気●白露●9月8日 秋の訪れを前にサンマ漁が始まり、店先でも初物を見かけるようになったのは旧盆のころ。一尾300円台の値札に臆していたら、8月の終わりには食指がのびる100円台にまで。 近年は漁獲が減り、特に昨年は記録的な不漁だったのに比べて今年は期待が持てるようです。刺身にまで料理の幅を広げた昨今のサンマ。とはいえ、秋の気配が濃厚になる……
more
日々是和食その姿はまるで芸術品 甘くとろける”食べられる折り鶴”
その姿はまるで芸術品 甘くとろける”食べられる折り鶴”
今年の残暑もあともうひといき。ようやく秋らしい気候がやってきます。 実りの秋、スポーツの秋、読書の秋など「〇〇の秋」とは良く言いますが、やはり代表的なのは「芸術」と「食欲」。この2大秋要素を満たしてくれるアートなスイーツが、ホテル雅叙園東京の「PATISSERIE『栞杏1928』」から登場しました。 台座に並んで座るのは、二羽の折り鶴。一見すると……
more
日々是和食チューブ入りでいつでもフレッシュ 9月3日新発売「きざみゆず」
チューブ入りでいつでもフレッシュ 9月3日新発売「きざみゆず」
爽やかで華やぎがあり、レモンやライムとも異なる独特の香りをもつ「ゆず」。お漬物や焼き物のアクセントとして、日本で古くから親しまれてきた和食に欠かせない柑橘のひとつです。 そのフレッシュな香りを堪能するならやっぱり生のゆずが一番ですが、使いたいのは少量なので余ってしまったり、日持ちがしにくいなど、一般家庭では使いにくいのも事実。 でも、これからはそんな……
more
日々是和食福岡の名店から新登場 常温で持ち歩ける辛子明太子
福岡の名店から新登場 常温で持ち歩ける辛子明太子
ほかほかご飯のお供としてはもちろんのこと、卵焼きに入れたり、パンに乗せて焼いたり、パスタに絡めたり。 間違いなく家庭の食卓の人気者のひとりといえる「辛子明太子」。その本場、福岡に本店を構える名店「やまや」から、これまでにない新たな味わいが楽しめる辛子明太子「熟成乾造 やまやドライ明太子」が登場しました。 食材から水分を取り除く「乾燥」は、はるか昔から……
more
日々是和食さかな歳時記「二十四節気・処暑」 夏の太陽も跳ね返す銀白の輝き
さかな歳時記「二十四節気・処暑」 夏の太陽も跳ね返す銀白の輝き
二十四節気●処暑●8月23日 銀色の光沢が鮮やかな大型のこの魚。長細い体は1㍍以上にもなるため、一般の小売店では切り身になって店頭に並びます。脂肪が多いわりに、あっさりとした上品な味ゆえ、塩焼きやバター焼き、蒲焼き、竜田揚げなどの料理に利用できます。 夏から秋に旬を迎えるこの白身魚を選びなさい。 ①アナゴ②ウツボ③タチウオ④ハモ ……
more
日々是和食最先端科学と伝統和食が融合 東京・上野で味わう新感覚料理
最先端科学と伝統和食が融合 東京・上野で味わう新感覚料理
古の時代に人類が火を獲得してから日々進歩を続ける調理技術。そんななか、いま最先端ともいえる調理技術「分子ガストロノミー」を存知でしょうか。日本語で「分子美食学」とも呼ばれますが、これは、料理を分子レベルで科学的に解明し、新たな美味しさを追求する学問分野のこと。 この学問から生まれた最新の調理技術を和食と融合させ、これまでにない最先端の和食を提供するレス……
more
日々是和食あのロングセラー商品に新展開 ぷるとろ食感の和風ドルチェが登場
あのロングセラー商品に新展開 ぷるとろ食感の和風ドルチェが登場
冷たい牛乳と混ぜるだけで、ぷるぷる食感のデザートのできあがり。子どもだけでも簡単にデザートが作れるハウス食品の「フルーチェ」。 1976年の発売以来、イチゴ、メロン、ピーチといった様々なフルーツ味をラインナップしてきたフルーチェに、この夏、これまでにない味わいが楽しめる姉妹ブランドが登場。 “和”を味わうフルーチェ、その名も「わふーちぇ」が発売されます。……
more