site_logo

光文社厳選!和食情報ナビ

● 日々是和食一覧

日々是和食さかな歳時記「二十四節気・大寒」 釣りたてをその場でかぶりつきたい
さかな歳時記「二十四節気・大寒」 釣りたてをその場でかぶりつきたい
二十四節気●大寒●1月20日 氷に穴を開け、糸を垂らして小さなアタリをじっと待つ。ワカサギ釣りは日本の冬の風物詩。大寒のこの時季に獲れる冬のワカサギは、脂がのり切って身が締まった食べ頃です。天ぷらにしていただくと、白身魚ならではの口当たりのよい食感が楽しめます。 徳川将軍家に献上されたことに由来するワカサギの漢字表記を選びなさい。 ……
more
日々是和食豆腐の保存の当たり前に革命 常温保存できる豆腐が新発売
豆腐の保存の当たり前に革命 常温保存できる豆腐が新発売
この季節、鍋料理に欠かせない食材のひとつといえば「豆腐」。スーパーで買ってきて、料理に使うまでは冷蔵庫で保存、というのが当たり前ですよね。でも、そんなこれまでの常識を覆す“常温保存できる豆腐”が森永乳業から登場します。 本来傷みやすいはずの豆腐が常温保存できる秘密、それは決して特殊な保存料が入っているわけではなく、「無菌充填技術」と豆腐の規格基準の改正……
more
日々是和食「御食国」の食材を楽しむ レストランフェアが開催中!
「御食国」の食材を楽しむ レストランフェアが開催中!
飛鳥・奈良時代に天皇の食べる食料・御食(みけ)を献上していたことから、御食国(みけつくに)と呼ばれた「淡路」「若狭」「志摩」。この三地域で獲れた地域色豊かな食材は京の都に集まり、和食文化の発展に大きな役割を果たしました。 まさに和食のふるさととも言える御食国の三地域と京都は、今も変わらず美味しい食材の宝庫。これらの地で獲れた豊かな食材を味わうレストランフェ……
more
日々是和食さかな歳時記「二十四節気・小寒」 津軽海峡から豊洲へ。
さかな歳時記「二十四節気・小寒」 津軽海峡から豊洲へ。
二十四節気●小寒●1月6日 東京・豊洲市場で5日、新春の初競りがありました。10月に築地市場から移転して初めて迎えた正月。 毎年高値が話題になる生の本マグロは、278㌔の大物が史上最高値の3億3360万円(1㌔120万円)で落札されました。 豪快な一本釣りで名高い、この本マグロの産地を選びなさい。 ①青森県大間②青……
more
日々是和食7種の和漢で健康サポート 毎日続けたい美味しい和風スープ
7種の和漢で健康サポート 毎日続けたい美味しい和風スープ
暖かい日が続くかと思えば気温が急降下したりと、ここ最近の不安定な気候。気温の変化に身体が付いて行かず、体調を崩しがちという方も多いのでは。そんな方にぴったりなのが、日々の習慣として和漢を取り入れられる健康だし「漢烹旨だし」です。 "和漢素材をもっと身近に”という願いのもとで開発された「漢烹旨だし」は、漢方薬の専門メーカー・タキザワ漢方廠とハウスウェル……
more
日々是和食さかな歳時記「二十四節気・冬至」 数の子、だれの子?
さかな歳時記「二十四節気・冬至」 数の子、だれの子?
二十四節気●冬至●12月22日 卵の数は数万粒。数の多さから子孫繁栄を連想させ、縁起物としておせち料理に欠かせない数の子。 アイヌの言葉で「かど」という魚の卵なので、「かどの子」が語源といわれています。 数の子の親魚を選びなさい。 ①スケトウダラ②トビウオ③ニシン④ボラ     【解説……
more
日々是和食アメリカ西海岸から逆輸入! 寿司ブリトー専門店がオープン
アメリカ西海岸から逆輸入! 寿司ブリトー専門店がオープン
銀座線・末広町駅から徒歩1分。日本有数の電気街であり、ポップカルチャーの最先端を行く秋葉原エリアの一角に、未来感あふれるテイクアウト寿司ブリトー専門店「beeat Sushi Buritto Tokyo」が2018年11月30日にオープンしました。 寿司ブリトーとは、日本の巻き寿司とメキシコのブリトーが融合したアメリカ西海岸発祥のファーストフード。歩き……
more
日々是和食さかな歳時記「二十四節気・大雪」 雷鳴が轟くと、浜が沸きたつ
さかな歳時記「二十四節気・大雪」 雷鳴が轟くと、浜が沸きたつ
二十四節気●大雪●12月7日 昔は大晦日の日暮れをもって一年の終わりとされ、新たな年の夕餉から元日にかけて家族そろって食する魚を「年取り魚」と呼んでいました。 日本各地に年取り魚は数あれど、東日本の代表といえば新巻でおなじみの塩鮭。北陸から関西をはじめ、西日本を代表する年取り魚を選びなさい。 ①鰆②鱸③鰤④鮪 ……
more
日々是和食世界が認めた最高峰茶葉を使用 究極のボトリングティーが限定発売
世界が認めた最高峰茶葉を使用 究極のボトリングティーが限定発売
温暖な気候と適度な降雨、そして肥沃な大地に恵まれ、茶葉の生育に最適な気候条件が揃っている宮崎県。お茶の生産量においては静岡、鹿児島、三重に次ぐ第4位ですが、その品質は国内トップクラス。そんな宮崎県から、世界を驚かせた極上の茶葉を使った究極のボトリングティーが登場します。 まるで高級ワインのような優雅な装いが目を引くこのボトルこそ、宮崎県内でも有数のお茶……
more
日々是和食いくらの醤油漬けで堪能する だし醤油とワインのハーモニー
いくらの醤油漬けで堪能する だし醤油とワインのハーモニー
鰹や昆布のだしのうま味が効いた万能調味料の「だし醤油」。近年は卵かけ用や冷奴用と銘打っただし醤油も数多く登場して人気を博していますが、全国でもとりわけだし醤油の人気が高いのが山形県。普段の料理に通常の醤油ではなくだし醤油を使う家庭も多いほど、だし醤油が食文化に深く根付いているんです。 そんなだし醤油自慢の山形県に蔵を構える「マルセン醤油」から、だし醤油……
more