site_logo

光文社厳選!和食情報ナビ

日々是和食

完全植物性ながら旨味たっぷり きのこと野菜を堪能する鍋用だし

朝晩に冷え込む日が徐々に増えてきましたが、寒くなると恋しくなるのが鍋料理。もう今シーズンの“鍋はじめ”をした方も、そうでない方も一度は味わってほしいのが、きのこと野菜の美味しさを堪能する鍋。“食の信条に関わらず同じ食卓で同じ料理を味わってほしい”という願いから生まれた、完全植物性で保存料・香料不使用の鍋用だし「椎茸祭の鍋だし」が登場しました。



うま味の元として知られている代表的な物質は、グルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸の3種類。それぞれアミノ酸系と核酸系に分類されており、アミノ酸系と核酸系を組み合わせると相乗効果により単独よりも飛躍的に味が向上することが知られています。

例えば、一般的な合わせ出汁は鰹節と昆布を合わせていますが、これは鰹節に含まれる核酸系のイノシン酸と昆布に含まれるアミノ酸系のグルタミン酸の組み合わせ。「椎茸祭の鍋だし」は、鰹節など動物性食材の代わりに核酸系のうま味物質・グアニル酸を豊富に含む椎茸を使い、数種の野菜を組み合わせることで、完全植物性ながら深みのある味わいを実現しています。



素材は素早く味を抽出できる粉末状になっているので、水に浸して沸かすだけで滋味豊かな鍋スープの完成。パック入りなので、出汁を取ったあとに取り出すのも簡単です。



きのこと野菜のエキスが溶け出したスープはそれだけでも美味ですが、もちろん鍋の魅力はたっぷりの具材を入れてこそ。クセが無いのできのこや野菜はもちろん、肉や魚など様々な食材と相性が良く、具材から染み出したの美味しさがスープと調和して味わい豊かな鍋ができあがります。



「椎茸祭の鍋だし」は、現在クラウドファンディングサイト「Makuake」にて先行販売中。同ウェブサイトでは、調味料として使える液体だしの「おいしい椎茸だし」、お湯を注ぐだけでスープができる「oh dashi 椎茸」、冷製でも美味しい和風トマトだしスープ「oh dashi トマト」、4品種の原木干し椎茸「THE SHIITAKE」など、既存商品をセットにした「鍋はじめギフトボックス」も販売中です。

先行発売は数量限定かつプロジェクト終了までの期間限定なので、気になった方はぜひお早めにチェックしてみてください。


椎茸祭の鍋だし(1袋7パック入り)¥2,000(税込)
※数量限定。先行販売は10月末まで


●椎茸祭 クラウドファンディングプロジェクトページ

https://www.makuake.com/project/shiitake-matsuri/