和食STYLE

光文社厳選!和食情報ナビ

日々是和食

食卓をテーマパークに変える たこ焼き粉の専門店が誕生

出汁とソースの香りが食欲をそそるたこ焼き。兵庫県明石市の伝統料理・明石焼きや屋台料理のラジオ焼きをルーツに昭和初期に大阪で生まれたとされ、今では全国に専門店があるほどまでに日本の食文化に根付きました。そんなたこ焼きの本場・大阪に先月誕生したのが、世にも珍しい“たこ焼き粉”の専門店「としのぶさん家の粉」です。



お店のオープンのきっかけとなったのは、今から数年前。オーナーの岡田さんがたこ焼きの食べ歩きをしていたときに“としのぶさん”こと久保田さんが作るたこ焼きに出会いました。



その味に惚れ込んだ岡田さんは、この味を多くの人に味わってもらいたいという願いを持つようになったそう。やがて岡田さんと久保田さんは友人となり、二人が共同代表となってお店を立ち上げたのがこのお店です。



そんな自慢のたこ焼き粉「秘伝 極(きわみ)たこ焼き粉250g¥680、1kg¥2,200」は、卵を入れずに水を加えるだけで美味しいたこ焼き生地が作れるという優れもの。250g1袋で、出汁の旨味が効いたふんわりもちもちのたこ焼きが約50個作れます。



水の分量を加減すればお好み焼きの生地としても使えるので、「たこ焼きだけで使い切るのは難しいかも」という心配は無縁。ちなみに、水だけでなく卵、油、だし醤油を加えれば、外はカリカリ中はとろとろなお店風のたこ焼きも簡単に作れます。



また、店舗ではオリジナルのソース「としのぶさん家の粉オリジナルソース1L¥1,000」も販売中。生地の味わいを引き立てつつソースならではの濃厚な味わいを堪能できる絶妙なバランスに仕上げてあるので、ぜひ「秘伝 極たこ焼き粉」と合わせて味わってみては。



「としのぶさん家の粉」の公式ホームページでは、具材にブロックベーコン、エリンギ、ミニトマトなどを使った“たこを使わないたこ焼き”のアイデアも公開中。「たこじゃなくても良い」ことに気がつけば、たこ焼きの可能性は大きく広がります。和洋中を問わない様々なアレンジで、自分なりのたこ焼きをお楽しみください。


●としのぶさん家の粉

住所:大阪府寝屋川市田井西町16-17
TEL:072-812-5759
営業時間:10:00〜18:00(売り切れ次第終了)
定休日:不定休
https://www.57jpn.com/