site_logo

光文社厳選!和食情報ナビ

日々是和食

日本各地の旬を栗ごはんに 新栗を堪能する食べ比べセット

秋を代表する味覚の一つといえば「栗」。栗を使った料理・お菓子には焼き栗、甘露煮、モンブランなどがありますが、農林水産省がSNSで行った「秋に食べたい栗料理」についてのアンケートによると、半数以上の人々が食べたいと答えた一番人気メニューは「栗ごはん」だったそうです。

栗ごはんの魅力といえば栗の甘みと塩味の絶妙な塩梅ですが、使う栗の種類によって味は様変わり。ひとくちに栗と言っても、香りの強いもの、ホクホクとした食感が楽しめるもの、ねっとりとした特徴的な口当たりを持つものなど、産地や品種によって風味は異なります。




そんな個性豊かな栗の味わいを手軽に食べ比べできるのが、「チキンハンバーグ」や「イシイのおべんとクン ミートボール」といった、おなじみのお弁当の人気惣菜を手掛ける「石井食品」から発売中の「地域の栗ごはん食べ比べセット」です。



「地域の栗ごはん食べ比べセット」で使用している栗の産地は、茨城県、京都府、熊本県の3府県。茨城からは、栽培面積・生産量ともに日本一を誇る笠間市産の「茨城笠間の栗」。京都からは、平安時代の文献にも名栗として記述され、古来より皇室への献上品として扱われてきた強丹波町産の「京都京丹波の栗」。熊本からは、皇室献上栗としての実績を持ち、生産量は決して多くはないものの極上の栗と名高い山江村産の「熊本やまえの栗」を使用しています。



異なる気候・風土で大きく育った個性豊かな3種の栗は、すべて今年収穫された新栗。9月に本格的に収穫が始まったばかりの新鮮で風味豊かな栗を一つひとつ手剥きで丁寧に処理し、国産うるち米と共にふっくらと炊き上げ。「茨城笠間の栗」は利尻昆布とまぐろ節の合わせ出汁、「京都京丹波の栗」は粗塩と京丹波の地酒、「熊本やまえの栗」は長崎県産の塩と福岡県の地酒といったように栗の個性に合わせて味付けがしてありますが、いずれも食品添加物は不使用。原材料をシンプルにすることで美味しさを追求する石井食品の無添加調理技術によって素材の味が最大限に引き出されています。余計な味付けをしていないので栗本来の味、香り、食感が堪能でき、栗の味の違いもしっかりと堪能できます。

食べるときは、封を開けて電子レンジで約30秒加熱するだけ。一つあたり60gと小ぶりのおにぎりサイズなので食べ比べに最適です。




手間なく気軽に栗ごはんを味わえるのが「地域の栗ごはん食べ比べセット」の魅力ですが、自分でたっぷりと栗ごはんを炊きたいという方には、白米と混ぜて炊くだけで2合の栗ごはんが簡単に作れる栗と調味液のセット・今年採れた石井食品の栗ごはんシリーズもおすすめ。こちらも「茨城笠間の栗」「京都京丹波の栗」「熊本やまえの栗」の3種詰め合わせをはじめ、千葉県成田市、埼玉県日高市など、セット品に含まれていない名産地の栗を使った商品も展開しています。



「地域の栗ごはん食べ比べセット」は、石井食品の公式オンラインストア「石井のオンラインストア」にて数量限定で発売中。贈り物やお取り寄せグルメとして、日本の旬の味覚をご賞味あれ。


地域の栗ごはん食べ比べセット(茨城笠間の栗ごはん、京都京丹波町の栗ごはん、熊本やまえの栗ごはん各2個入)¥4,100(税・送料込)


●石井食品公式オンラインストア「イシイのオンラインストア」

TEL:0120-35-0558
受付時間:10:00~17:00(土・日・祝日を除く)
https://shop.directishii.net/