site_logo

光文社厳選!和食情報ナビ

● 日々是和食一覧

日々是和食焼酎出荷量2年連続1位を誇る 宮崎県の焼酎&食の祭典をリポート
焼酎出荷量2年連続1位を誇る 宮崎県の焼酎&食の祭典をリポート
宮崎県は神話の時代から「日向」と称されてきたように、平均気温、日照時間、快晴日数ともに全国でもトップクラスの温暖な気候に恵まれた地。そんな日向(ひなた)の下で育まれた芋や米、麦、そばなどの大地の恵みを原料に、代々受け継がれてきた伝統の技術で醸し出す本格焼酎は評価も高く、出荷量は2年連続日本一。そんな自慢の焼酎を首都圏でももっと飲んでほしいとPRを兼ねて昨年か……
more
日々是和食豆腐作りの実演・提供イベントが 「とうふ屋うかい 鷺沼店」で開催
豆腐作りの実演・提供イベントが 「とうふ屋うかい 鷺沼店」で開催
東京都・芝、八王子・大和田、そして神奈川県・鷺沼の3箇所に店舗を構える豆腐料理店「とうふ屋うかい」。炭火でかりっと焼き上げた油揚げの香ばしさと田楽味噌の奥深い風味の取り合わせが絶妙な「あげ田楽」、豆乳仕立ての濃厚な出汁に豆腐を浮かべた「豆水とうふ」、もっちりとした食感の中に胡麻のコクとうま味が凝縮した「胡麻とうふ」など、大豆そのもののうま味を活かした豆腐料理……
more
日々是和食さかな歳時記「二十四節気・雨水」 海底の吟遊詩人
さかな歳時記「二十四節気・雨水」 海底の吟遊詩人
二十四節気●雨水●2月18日 寒い季節が旬で、ことに早春の時季の味には格別なものがあるといわれるこの魚。かつては「君魚(きみうお)」などと呼ばれ、やんごとなき人々御用達(ごようたし)の高級魚でしたが、最近は鮮魚店の店頭でも色鮮やかな姿を見かけることが増えてきました。 ヨーロッパ産の種は、本場のブイヤベースになくてはならない存在だとか、この……
more
日々是和食不二家のロングセラーブランドと 人気の「神楽坂 茶寮」がコラボ
不二家のロングセラーブランドと 人気の「神楽坂 茶寮」がコラボ
東京・神楽坂を本店として全国で10店舗を構える「神楽坂 茶寮」。抹茶を中心とした素材で作る和スイーツの人気が高い、行列のできる和カフェです。そんな和スイーツの名店がこのたび不二家とコラボレーション。神楽坂 茶寮の人気メニュー「お茶香る茶寮の和パフェ」、「京抹茶のチョコレートフォンデュ」、「抹茶ラテ」をイメージしたお菓子が、不二家を代表するロングセラーブランド……
more
日々是和食キッコーマンから2月13日新発売 サクサク食感が新しい、食べる醤油
キッコーマンから2月13日新発売 サクサク食感が新しい、食べる醤油
日本人にとって欠かせない調味料のひとつ、醤油。その原型といえるものは鎌倉時代に造られましたが、醤油が広く一般に使われるようになったのは、関東で生産が盛んになった江戸時代のことでした。江戸時代末期になると、幕府はインフレ対策としてあらゆる物価の引き下げを強行しましたが、品質が優良な「最上醤油」の造り手7銘柄は、据え置き価格での販売が認められました。その銘柄のひ……
more
日々是和食さかな歳時記「二十四節気・立春」 こいつぁ春から縁起がいいわぇ
さかな歳時記「二十四節気・立春」 こいつぁ春から縁起がいいわぇ
二十四節気●立春●2月4日 歌舞伎の演目、‘三人吉三巴白波(さんにんきちさともえのしらなみ)’の大川端(おおかわばた・隅田川)のシーンに、以下のようなセリフがあります。 下線部にふさわしい魚を選びなさい。 月もおぼろに____の かがりもかすむ 春の空   ①しらうお②しらす③しろうお④しろえび ……
more
日々是和食手軽に和風トーストが作れる きなこ&黒糖スプレッドが新登場
手軽に和風トーストが作れる きなこ&黒糖スプレッドが新登場
ジャムやクリームを1食だけ味わいたいとき。日によっていろんな味を楽しみたいとき。そんな時に便利なのが、アヲハタの「ヴェルデ ディスペンパック」シリーズ。片手だけで開けられて、バターナイフなどを使わずそのままトッピングできる使い切りタイプのスプレッドです。 これまで「ヴェルデ ディスペンパック」シリーズで展開していたのは、「イチゴ&バター風味クリーム」、……
more
日々是和食本を読みながら日本茶を楽しむ 和風ブックカフェがオープン
本を読みながら日本茶を楽しむ 和風ブックカフェがオープン
お気に入りの本を読みながら、飲み物を片手にくつろげるブックカフェ。書籍に関しては新刊・古本・閲覧のみなど、扱いの形態はさまざまですが、飲み物に関しては主にコーヒーをメインに提供する洋風のお店が多数を占めます。そんななか1月4日に新規オープンしたのが、日本茶の美味しさを堪能できる和の店舗。国内外合わせて数十店舗を構える紀伊國屋書店が手掛けるブック&ジャパニーズ……
more
日々是和食鶏料理の名店、築地の「鳥治」が文京区湯島に移転しました
鶏料理の名店、築地の「鳥治」が文京区湯島に移転しました
築地市場は、ご存じのように水産物の取り扱いで東京の台所を支えている卸売市場ですが、実は青果や漬物、豆腐などの加工品、そして鶏卵・鶏肉も取り扱っている場所でもあるのです。そんな理由もあって築地周辺には海鮮ものを扱う飲食店ばかりでなく、鶏料理の名店も数多く存在しています。そんな鶏料理で評判の店の中でも、常に人気ランキングの上位に挙げられていたのが「鳥治」です。 ……
more
日々是和食さかな歳時記「二十四節気・大寒」 雪の舞う季節にはちり鍋が恋しく
さかな歳時記「二十四節気・大寒」 雪の舞う季節にはちり鍋が恋しく
二十四節気●大寒●1月20日 しんしんと降り積もる雪の夜には、ことさらこの魚のちり鍋が恋しくなります。 卵が重宝される日本ではメスが好まれがちですが、ことこの魚に限ってはオスのほうが値も腹も張ります。この魚を選びなさい。   ①鮫②鯛③鱈④鮪 【解説】 なんて大きな口と腹か。さすが魚界きっての食い……
more