site_logo

光文社厳選!和食情報ナビ

日々是和食

日頃の感謝に真心を添える 敬老の日のためのギフトセット発売

今年の9月16日は敬老の日。この国民の祝日のルーツを辿ると、かつて兵庫県にあった野間谷村で1947年に「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と敬老会を開いたのが始まりだそうです。現在の敬老の日の趣旨は、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」こと。そんなお祝いの日にぴったりのギフト商品が、日本全国の“うまいものセレクトショップ”「久世福商店」から発売されます。

●こだわりご飯のお供ギフト



1つ目のギフトセットは、新米の季節に嬉しい「こだわりご飯のお供ギフト」¥2,980(税込)。人気のご飯のお供3種「黒豆でつくった、食べる醤油」「ゴロゴロほぐし焼鮭」「ゴロゴロほぐし焼鯖」を一箱に詰め合わせた、実店舗では購入できない通信販売限定セットです。



●セット内容1「黒豆でつくった、食べる醤油」
北海道産の黒豆と信州の味噌蔵のもろみを合わせて熟成。濃厚なうま味と甘み、そして大粒の豆の食感が際立っており、ご飯に乗せて食べるのはもちろんのこと、そのままお酒のおつまみにしても美味。醤油の代わりとして使えるので、これからの季節は湯豆腐などにかけるのもおすすめです。



●セット内容2「ゴロゴロほぐし」シリーズ
魚醤ベースのタレでつけ焼きにした魚を、その名の通りゴロっと存在感のある粗ほぐしに。丁寧に骨を取ってあるので、子どもからお年寄りまで安心して食べられます。今回の「こだわりご飯のお供ギフト」では、うま味豊かな三陸産の塩鮭を使用した「ゴロゴロほぐし焼鮭」と、脂が乗ったノルウェー産の鯖を使用した「ゴロゴロほぐし焼鯖」の2種類を同梱しています。


●久世福くつろぎお茶セット



もうひとつのギフトセットは、お茶の時間を楽しむ「久世福くつろぎお茶セット」¥2,860(税込)。お茶をもっと手軽に、豊かに楽しめる3品「加賀銘店の味 ふっくら小豆のきんつば」「急須いらずの国産緑茶」「五色豆」を詰合せています。



●セット内容1「加賀銘店の味 ふっくら小豆のきんつば」
薄衣の中には、一粒一粒が美しくつやめく小豆あんがたっぷり。雑味のない白ざらめ糖を使って豆を潰さないようにじっくり丁寧に炊き上げているから、すっきりとした甘さで小豆の食感も絶妙。熟練した職人がその腕を遺憾なく発揮した、石川県の名和菓子店の味です。



●セット内容2「急須いらずの国産緑茶」
原材料は静岡産の茶葉で、添加物を一切使わず微細な粉末に加工。お湯にも水にもさっと溶け、濃さの調節も好みに応じて自由自在。茶殻を捨てる手間もなく、お茶の成分をまるごと摂り入れられます。



●セット内容3「五色豆」
赤は梅干し、黄はウコン、白は牡蠣殻、茶は黒糖、緑は抹茶と、天然の色素を使って彩り豊かに仕上げた豆菓子。落花生の風味、優しい甘さ、カリッと心地よい食感が一体となった、素朴な美味しさが嬉しい一品。


全国から選りすぐった美味しい商品を詰め合わせた「こだわりご飯のお供ギフト」と「久世福くつろぎお茶セット」ですが、見た目が美しいのも贈り物に嬉しいポイントのひとつ。それぞれのギフトセットに、加賀友禅模様を取り入れた特別な化粧箱が用意されています。



「こだわりご飯のお供ギフト」で選べる箱は、紅葉、萩、菊など秋の草花を散りばめて金のラインで華やかに彩った「加賀友禅柄 黒」と、日本伝統文様である鹿の子、青海波、麻の葉、花菱を組み合わせて伝統とモダンを両立させた「加賀友禅柄 白」の2種類。



一方の「久世福くつろぎお茶セット」は、市松模様をベースに草花で飾りあげ「紫柄」と、カラフルな草花で花菱文様を現代的にアレンジした「白柄」の2種類を用意。



高級感のある化粧箱は、金沢市の伝統工芸品である友禅柄の和紙を職人が一つ一つ手張りで仕上げた一品。小物入れやはがき入れにも使えるから、形の残る贈り物にもなりそうです。




左から)
こだわりご飯のお供ギフト¥2,980(通信販売限定・数量限定)
久世福くつろぎお茶セット¥2,860(敬老の日限定・数量限定)
※ともに税込

●サンクゼール

TEL:0120-537-002
https://stcousair.jp/