site_logo

光文社厳選!和食情報ナビ

日々是和食

暑さ疲れの身体に染み渡る だし系新商品をピックアップ

季節はずれの寒さから一転して、全国各地で猛暑日地点が続出。急転直下の気温に身体が無理をして体調を崩しやすいこの季節は、うま味を効かせたアミノ酸たっぷりの料理で体力をつけて乗り切りましょう。だしをとったり、料理に加えたり、お湯で溶いたり。様々な形でうま味を堪能できる“だし”系新商品をご紹介します。

今しか味わえない旬の味 花の将「伊吹いりこだし」

日本人にとって最もカジュアルなだし食材といえば、かつお節、昆布、そして煮干しではないでしょうか。カタクチイワシなどの魚介を加熱して乾燥させた煮干しは、魚のうま味が凝縮した力強い風味が魅力。“煮干し”というのは主に東日本での呼び方で、西日本では“いりこ”と呼ばれています。
そんないりこの名産地として知られているのが、香川県の西沖に浮かぶ伊吹島。この島で水揚げされ加工されたブランド煮干し“伊吹いりこ”は、香川県名物の讃岐うどんのだしにも欠かせない存在です。



伊吹島でカタクチイワシ漁が解禁されるのは毎年6月から9月頃まで。創業70年を迎える香川県の乾物店・丸一倉庫が作る「花の将 伊吹いりこだし 初漁いりこ」は、伊吹島で今年の解禁後に穫れたばかりのカタクチイワシを使った、“初漁もの”の煮干しです。



この時期のカタクチイワシは産卵を終えて身が引き締まっており、味も香りも別格。水揚げしてすぐに島内で釜茹でと乾燥をかけて鮮度を落とすことなく素早く加工されているから、出来上がった煮干しは雑味がなく風味豊か。味噌汁やうどんのだしはもちろんのこと、そのまま食べても美味です。

商品は、煮干しを昆布と合わせてだしパックにした「伊吹いりこだし」、伊吹島の煮干しだけを詰めた「銀付いりこ」、カタクチイワシの成魚を使った「伊吹いりこ大羽」の3種がラインナップされていますが、どれも数量限定販売につき無くなり次第販売終了。今だけしか味わえない貴重な味をご賞味あれ。


左から)
花の将 伊吹いりこだし 初漁いりこ80g(20g×4パック)¥648、160g(20g×8パック)¥1,296(各500個限定)
花の将 銀付いりこ 初漁いりこ200g¥1,080(1000個限定)
花の将 伊吹いりこ大羽 初漁いりこ200g¥648(1000個限定)
各税込


●花の将

https://hananosyo.jp/

香りで堪能するかつお節 雅結寿「Dashiオイル」

日本料理に欠かせないかつお節の最大の魅力は、なんといっても「香り」。かつお節に含まれる香り成分は400種類以上ともいわれています。香り成分は油に溶ける性質があるため、香りを逃さず堪能するならオイルと合わせるのが一番。
東京・三宿に店を構える“のむ天然おだし”専門店「雅結寿(みやびゆいのじゅ)」から2019年7月10日に発売された「Dashiオイル」は、かつお節の香りを堪能できる究極の香味オイルです。



「Dashiオイル」のベースとなっているのは、オリーブオイルとなたね油のブレンドオイル。ここに鹿児島県指宿産のかつお節と鯖節、3年間熟成させた北海道産天然真昆布という3種のうま味素材をブレンドし、さらに青森県産のにんにくと天然醸造丸大豆醤油をプラス。保存料や甘味料などの添加物は一切使用せず、素材本来の香りとうま味が溶け込んだ風味豊かなオイルに仕上げられています。



蓋を開ければ、かつお節の豊かな香りとにんにくの香ばしさがふんわり。オイル自体には強い味が付いていないので、合わせるメニューはうどん、ラーメン、パスタといった麺類からご飯やパンまで、ジャンルを問わず使えるのが嬉しいポイントです。
人間は味覚だけでなく、嗅覚でも味を楽しむ生き物。美味しい香りを加えれば、料理の味はよりリッチに。温かい料理に一滴落とすだけで、いつものメニューがまるで専門店で食べるような奥行きのある味わいに様変わりします。


Dashiオイル
110g¥1,280
270g¥2,480(税抜)


●雅結寿(みやびゆいのじゅ)

https://www.miyabi-yuinojyu.com

夢のコラボレーションで誕生 ハナマルキ「だしを愉しむおみそ汁5食」

普段何気なく味わっているかつお節ですが、大きく“本枯節”と“荒節”の2つに分けられることをご存知ですか? 2つの違いは、かつおを釜茹でして燻した後にカビ付けをしているかどうか。“花かつお”などで広く一般に流通しているかつお節は、基本的にはカビ付けをしていない荒節なんです。
一方でカビ付けをしているのが本枯節ですが、その特徴は発酵でうま味成分が増えることによるまろやかで深みのある味わいや、脂肪分が分解されることによる魚臭さが無くすっきりと上品な香り。半年以上手間暇をかけてカビ付けと日干しを繰り返し、極上の味を作り出しています。



この本枯節で作る味噌汁を手軽に味わえるのが、2019年9月1日発売予定の「だしを愉しむおみそ汁5食」。大正7年創業の味噌メーカー・ハナマルキと老舗かつお節メーカー・にんべんがコラボレーションした即席味噌汁です。

使用している本枯節は、カビ付け工程と日干しを4回以上繰り返し、半年以上かけて作り上げたにんべんの最高級品。この貴重なかつお節をふんだんに使用しているから、お椀に入れてお湯を注ぐだけで、料亭や和食店でないと味わえないような本格的な味噌汁がすぐにできあがります。
風味豊かな一杯の味噌汁があれば、そこにおにぎりを添えるだけでも充分にご馳走。味噌のプロとだしのプロがタッグを組んで誕生した即席味噌汁で、自宅でもオフィスでも好きな場所・タイミングで至福を味わえます。


2019年9月1日発売予定
だしを愉しむおみそ汁5食¥オープン価格


●ハナマルキ

https://www.hanamaruki.co.jp/