site_logo

光文社厳選!和食情報ナビ

日々是和食

夏の風物詩もただいま進化中! 都内で味わう新作かき氷

ジェラートやアイスクリームも良いけれど、日本の夏といえばやっぱりかき氷。老舗の和菓子店が作るかき氷からホテルで味わうラグジュアリーなかき氷まで、この夏都内で味わえる新作かき氷をご紹介します。

INTERSECT BY LEXUS – TOKYO「五感を刺激するかき氷『THE SENSES』」

LEXUSが考えるライフスタイルを発信する「INTERSECT BY LEXUS」。ここで味わえるのが“五感を刺激する”と銘打った、驚きの仕掛けが満載のかき氷です。



五感を刺激するかき氷「THE SENSES」¥1,200(税込)

軽井沢の天然氷を削ったふわふわの氷の上に、ぶどうジュースから作ったエスプーマをかけてデコレーション。仕上げにデラウェア、ピオーネ、巨峰など様々なぶどうがトッピングされたぶどう尽くしの一杯。ぶどうエスプーマはワイン醸造用品種「グリューナー・フェルトリーナー」を100%使用したぶどうジュースから作られており、味も香りも芳醇。エスプーマには二酸化炭素の粒が仕込まれているので、口にするとパチパチとはじける心地よい音と食感が楽しめます。
でも、ここまでの演出はまだ序の口。トレイに別添えされたパウダーと赤い実にも仕掛けが隠されています。



まずは普通にかき氷を食べ進めたあと、パウダーを振りかけるとエスプーマが紫色から赤紫色に変わり、味わいもぶどう味から甘酸っぱいレモン風味に様変わりします。
そしてもう一つの隠し種である赤い実ですが、これは西アフリカ原産のミラクルフルーツという果実。この実を食べた後は酸っぱいものが甘く感じられるという奇跡の実なんです。
そんなミラクルフルーツを食べてからレモン風味に変化した甘酸っぱいかき氷を食べれば……。その不思議な変化はぜひご自身でご体験ください。
ぶどうの濃厚な香りに始まり、炭酸のはじける音や食感、味や色の変化など、楽しい驚きが満載の一杯この夏、かき氷の魔法にかけられてみませんか?

●INTERSECT BY LEXUS – TOKYO
住所:東京都港区南青山4-21-26
TEL:03-6447-1540
営業時間:9:00〜23:00(1F CAFÉ SHOP & GARAGE)、11:00〜23:00(2F BISTRO LOUNGE)
定休日:不定休
https://lexus.jp/brand/intersect/tokyo/

ヨックモック青山本店「四代目徳次郎“日光天然の氷”かき氷」

葉巻型のクッキー「シガール」で有名な青山の老舗洋菓子メーカー・ヨックモック。その本店に隣接した直営のカフェテラスでは、日光の天然氷職人「四代目徳次郎」の氷を使用したかき氷が味わえます。



「四代目徳次郎」は、日本に数箇所しか現存していない天然氷の蔵元のひとつ。日光山系の清らかな水を使い、自然の力でゆっくり時間をかけて自然の力で結晶化した天然氷は純度が高く、削るとふわふわの食感とサラッと溶ける口当たりが特徴です。
ヨックモックでは、この天然氷に泡のような食感の練乳エスプーマを合わせて、氷とエスプーマの2つのふわふわが一体になった心地よい食感を提供。この夏はいちごと抹茶の2種類をラインナップしています。



四代目徳次郎“日光天然の氷”かき氷 苺¥1,404(税込)

もちもちの白玉、甘酸っぱい野いちご、ふんわりとした練乳エスプーマ、甘酸っぱい苺パウダーをトッピングし、特製の「いちごソース」でデコレーション。いわゆる“いちご風味”ではない、いちご本来のフレッシュな香りと上品な甘みが堪能できます。



四代目徳次郎“日光天然の氷”かき氷 抹茶小豆¥1,404(税込)

風味豊かな小豆、いちご味と同様の白玉と練乳エスプーマを添えて、香り高い抹茶ソースでデコレーション。抹茶ソースは濃密なうま味と深いコクが特徴の宇治抹茶を使用しており、ソースの上品なほろ苦さとエスプーマの優しい甘さのバランスが絶妙。



素材の上品な風味が活きた大人のかき氷は、いちごと抹茶どちらも天然氷を使用しているので氷が無くなり次第販売終了となります。
天気が良い日には、開放感あふれるテラス席で大人のかき氷を味わってみてはいかがでしょうか。

●ヨックモック青山本店 BLUE BRICK LOUNGE
住所:東京都港区南青山5-3-3
TEL:03-5485-3340
営業時間:10:00〜22:00L.O.(日祝10:00〜18:30L.O.)
定休日:無休
https://www.yokumoku.co.jp/store/tokyo/509/

セルリアンタワー東急ホテル「ホテルシェフこだわりの『天然氷のかき氷』」

渋谷駅から徒歩5分という抜群のアクセスを誇るセルリアンタワー東急ホテルのかき氷は、2015年に始まり今年で5シーズン目。



今年は八ヶ岳の職人が作った天然氷を特別に取り寄せて、新作1種を含む4種のフレーバーをラインナップしています。



塩キャラメル¥2,007(税・サービス料込)

構想2年を経て誕生した今年の新作は、甘く香ばしいキャラメル風味。氷を削ってマスカルポーネチーズとキャラメルソースをかける工程を4回繰り返して高さを出し、仕上げにホイップクリームとグラノーラをトッピング。1層目にはゲランドの塩が振りかけられており、キリッと爽快な塩味がアクセントになっています。氷のふわふわ感、グラノーラのサクサク感、多層構造ならではの複雑な味わいが特徴で、食べ進めると氷の中に潜んだ塩キャラメルアイスが顔を出します。



ピーチ¥1,805、抹茶¥2,007(税・サービス料込)

ヨーグルトソースとアイスを閉じ込めた氷を白桃のコンポートソースや生クリームで飾り、仕上げに桃のコンポートを添えた「ピーチ」。抹茶アイスを忍ばせた氷をホイップクリームや抹茶パウダーでデコレーション。小豆、白玉、抹茶の和素材が織りなす王道の宇治抹茶をホテル流にアレンジした「抹茶」。どちらもかき氷提供開始以来の人気フレーバー。



ティラミス¥2,209(税・サービス料込)

エスプレッソを染み込ませたビスキュイを土台に、マスカルポーネチーズクリーム、かき氷、ココアパウダーを重ねて4層にして、なめらかなホイップクリームで仕上げ。イタリア生まれのデザートをかき氷で表現した昨年の新作が今年も登場。



“かき氷を超えたスイーツを作りたい”というホテルシェフの発想のもと、ホテルならではの手間暇をかけたラグジュアリーなかき氷。ロビー前のガーデンラウンジ「坐忘」(写真左)またはガーデンキッチン 「かるめら」(写真右)で、8月31日までの提供となります。

●セルリアンタワー東急ホテル
住所:東京都渋谷区桜丘町26-1
TEL:03-3476-3000(代表)
営業時間(ガーデンラウンジ「坐忘」):10:00〜21:30L.O.(かき氷提供は14:00〜21:30L.O.)
営業時間(ガーデンキッチン「かるめら」):6:30〜23:00L.O.(かき氷提供は14:00〜22:00L.O.)
定休日:無休
https://www.tokyuhotels.co.jp/cerulean-h/

ザ・キャピトルホテル 東急「ORIGAMIかき氷」

溜池山王駅・国会議事堂前駅に直結し、隣接する日枝神社の豊かな緑を臨めるラグジュアリーホテル「ザ・キャピトルホテル 東急」。今年のかき氷の目玉は、新作のメロンフレーバーです。



ザ・メロンフラッペ¥2,400(税・サービス料込)

国内栽培された高品質なアールスメロンをふんだんに使用した今年の新作。半分にカットして丸くくり抜いたメロンを器に氷の塔を築き、芳醇な香り漂うメロンをトッピング。食べ進めると氷の中から自家製バニラアイスクリームが顔を覗かせ、濃厚なバニラアイスクリーム、甘くてみずみずしい完熟メロン、ひんやりと冷たい氷が心地よいハーモニーを奏でます。



フローズンオレンジ with マンゴー¥2,400、宇治金時¥1,900、小倉白玉¥1,900(税・サービス料込)

凍らせて削り出したオレンジピューレにアップルマンゴーを添えた昨年の人気フレーバー「フローズンオレンジ with マンゴー」をはじめ、抹茶、白玉、小豆の黄金バランスが絶妙な「宇治金時」や、練乳ソースと小豆のシンプルな味わいがどこか懐かしい「小倉白玉」など定番フレーバーもラインナップ。 すべてのかき氷にホテル自家製バニラアイスクリームが忍ばせてあります。



ザ・キャピトルホテル 東急のかき氷は、メインロビーから続く「ラウンジ『ORIGAMI』」「オールデイダイニング『ORIGAMI』」で8月31日まで提供。和モダンの落ち着いた空間で、ひんやりと冷たい日本の夏の風物詩をご賞味あれ。

●ザ・キャピトルホテル 東急
住所:東京都千代田区永田町2-10-3
TEL:03-3503-0872
営業時間:10:00〜21:30L.O.(ラウンジ「ORIGAMI」)
定休日:無休
https://www.tokyuhotels.co.jp/capitol-h/restaurant/lounge/plan/48398/index.html

船橋屋こよみ「くず餅乳酸菌入りかき氷」

江戸時代後期・1805年に創業した関東風くず餅の名店「船橋屋」。創業200年を記念して誕生した姉妹ブランド「船橋屋こよみ」では、ただ美味しいだけではなく身体に嬉しい付加価値のあるかき氷が味わえます。
関東風のくず餅は発酵させた小麦を使うのが特徴ですが、船橋屋のかき氷の秘密はその発酵由来のもの。船橋屋のくず餅発酵槽から発見された「くず餅乳酸菌」がシロップ1杯あたり約10億個も含まれているんです。



苺みるく、宇治金時 各¥960(税込)

果実感のあるいちごシロップと練乳の相性抜群の「苺みるく」、丹念に練り上げた抹茶蜜をかけて小豆をたっぷりと添えた「宇治金時」。どちらも「くず餅乳酸菌」入りシロップが使われており、冷たくてもおなかに優しいかき氷です。



「船橋屋こよみ 広尾本店」2階の和カフェでは、上記のかき氷の他にも、黒蜜きなこ味の「天神」、広尾店限定の「白桃」、7月31日までの限定販売「パイナップル」など、ユニークなフレーバーが勢揃い。老舗の味と最新の乳酸菌が融合した新世代のかき氷を召し上がれ。

●船橋屋こよみ 広尾本店
住所:東京都渋谷区広尾5-17-1
TEL:03-5449-2784
営業時間:11:30〜17:00L.O.
http://www.funabashiya.co.jp/koyomi/