site_logo

光文社厳選!和食情報ナビ

日々是和食

味の素(株)が全国47都道府県の 人気みそ汁ランキングを発表

味の素(株)「ほんだし®」が、全国の家族をみそ汁で盛り上げる「うちのみそ汁」応援プロジェクトを展開中。全国から寄せられた声や調査によって明らかになったみそ汁の効果や地域ごとの特徴をベースに、さまざまなプロジェクトを推進している。

昨秋には、47都道府県「地元応援みそ汁」と題し、10,000人に具材の好みなどみそ汁に関する情報を調査し、人気投票を開催。その結果、ベスト10にランキングしたのは以下のような内容に。

堂々1位に輝いたのは福島県の「けんちんみそ汁」(442票)、2位は静岡県「釜揚げしらすとチンゲン菜のみそ汁」(416票)、3位 鹿児島県「さつま汁」(361票)、4位 三重県「あおさと豆腐のみそ汁」(302票)、5位 愛知県「なすと秋みょうがのみそ汁」(301票)、6位 兵庫県「玉ねぎと落とし卵のみそ汁」(287票)、7位 熊本県「南関あげとちくわのみそ汁」(268票)、8位 岐阜県「シャキッとれんこん団子のみそ汁」(264票)、9位 石川県「加賀の根菜みそ汁」(259票)、10位千葉県「ほうれん草・大根と豆腐のみそ汁」(253位)

共通しているのは、各地域の特産品をメインにした具だくさんみそ汁ということが結果から見えてくる。

ランキング外にも、長野県の「サバ缶と寒天の具だくさん汁」、鳥取県の「ひき肉となすのみそ汁カレー風味」、山口県の「もやしバターのみそ汁」、沖縄県の「うちなーみそ汁」(地元の島豆腐、ランチョンミート、卵、野菜などが入りボリューム満点)など、思わず作ってみたくなるオリジナリティ豊かなみそ汁が紹介されていて興味深い。



左)●長野県「サバ缶と寒天の具だくさん汁」 右)●鳥取県「ひき肉となすのみそ汁カレー風味」

「AJINOMOTO PARK」のサイト上には、全都道府県のみそ汁リストと、「ほんだし®」を使った家庭で作りやすいレシピも紹介されている。さらに、手軽に野菜が摂れる季節の〝簡単野菜みそ汁〟や、医師が考案した〝体調管理みそ汁〟など、毎日の献立に役立つ多数のレシピが公開されているので、ぜひ参考に。

https://park.ajinomoto.co.jp/recipe/corner/products/hondashi/misoshiru/


●47都道府県「地元応援みそ汁」ベスト3の参考レシピをご紹介


【Best1】

地元野菜をふんだんに使った、ごま油が香ばしい具だくさんみそ汁
●福島県「けんちんみそ汁」

[材料](4人分)
豚バラ薄切り肉 100g、大根 1/4本、にんじん 1/2本、里いも 4個、ごぼう 1/4本、しいたけ 4枚、こんにゃく 1/2枚、水 600ml、「ほんだし®」 小さじ山盛り2、みそ 大さじ2・1/2、ごま油 大さじ1、小ねぎの小口切り 適量

[作り方]
①豚肉は食べやすい長さに切る。大根はいちょう切りにし、にんじんは半月切りにする。里いもは食べやすい大きさに切る。ごぼうは斜め薄切りにする。しいたけは薄切りにし、こんにゃくは短冊切りにする。
②鍋にごま油を熱し、①の豚肉・大根・にんじん・里いも・ごぼう・しいたけ・こんにゃくを入れて炒め、油がまわったら、水、「ほんだし®」を加えて煮る。野菜に火が通ったら、みそを溶き入れ、ひと煮立ちさせる。
③器に盛り、小ねぎを散らす。

レシピ制作:味の素株式会社
https://park.ajinomoto.co.jp/recipe/card/801109/


【Best2】

地元特産のしらすとチンゲン菜の組み合わせが珍しい
静岡県●「釜揚げしらすとチンゲン菜のみそ汁」

[材料](2人分)
チンゲン菜・正味 100g、まいたけ 1/2パック、厚揚げ 1/4枚、水 300ml、 「ほんだし®」 小さじ山盛り1、みそ 大さじ1、しらす干し 20g

[作り方]
①チンゲン菜はザク切りにする。まいたけは小房に分け、厚揚げは7~8mm幅に切る。
②鍋に水、「ほんだし®」を入れて火にかけ、①のチンゲン菜・まいたけ・厚揚げを加えてサッと煮る。具材に火が通ったら、みそを溶き入れ、ひと煮立ちさせる。
③器に盛り、しらす干しをのせる。

レシピ制作:味の素株式会社
https://park.ajinomoto.co.jp/recipe/card/801195/


【Best3】

具だくさんの野菜と麦みそを使った郷土料理
鹿児島県●「さつま汁」

[材料] (6人分)
鶏もも肉 150g、大根 100g、里いも・大 2個(100g)、こんにゃく 1/2枚(100g)、ごぼう 60g、にんじん 60g、干ししいたけ 5枚、大豆もやし 60g、油揚げ 1枚、水 7カップ、「ほんだし®」 大さじ1、麦みそ 130g、小ねぎの小口切り 適量

[作り方]
①鶏肉は1.5~2cm角に切る。
②大根、にんじんは1.5~2cm角、5mm幅に切る。干ししいたけはもどして軸を切り、こんにゃくは下ゆでして、いずれも1.5~2cm角、5mm幅に切る。里いもは5mm幅のいちょう切り、ごぼうは5mm幅の輪切りにする。
③油揚げは、油抜きして1.5cm角に切る。もやしは2cm長さに切る。
④鍋に水、「ほんだし」、②の大根・にんじん・しいたけ・こんにゃく・里いも・ごぼうを入れて火にかけ、沸騰したら①の鶏肉を加え、弱火で20分ほど野菜がやわらかくなるまで煮て、③の油揚げ・もやしを加える。
⑤ ④の煮汁少々で麦みそを溶き、鍋に加え入れ、ひと煮立ちさせて火を止める
⑥器によそい、小ねぎを散らす。

レシピ制作:味の素株式会社
https://park.ajinomoto.co.jp/recipe/card/704680/

●毎日の料理に役立つレシピサイトです

https://park.ajinomoto.co.jp/top/

●「うちのみそ汁」応援プロジェクト
https://park.ajinomoto.co.jp/recipe/corner/products/hondashi/misoshiru/ouen/