site_logo

光文社厳選!和食情報ナビ

日々是和食

アメリカ西海岸から逆輸入! 寿司ブリトー専門店がオープン

銀座線・末広町駅から徒歩1分。日本有数の電気街であり、ポップカルチャーの最先端を行く秋葉原エリアの一角に、未来感あふれるテイクアウト寿司ブリトー専門店「beeat Sushi Buritto Tokyo」が2018年11月30日にオープンしました。



寿司ブリトーとは、日本の巻き寿司とメキシコのブリトーが融合したアメリカ西海岸発祥のファーストフード。歩きながらでも食べられる手軽さからアメリカのビジネスマンの間で流行している、今話題の逆輸入メニューです。



一見すると太巻き寿司と似ている寿司ブリトーですが、酢飯が少なめで具材がたっぷり入っているのが大きな違い。また、輪切りにして食べる巻き寿司に対して、そのままかぶりついて食べるのが寿司ブリトーの基本スタイル。いわゆる恵方巻きの食べ方と似ているかも知れません。
「beeat Sushi Buritto Tokyo」では、マグロや穴子などをメインにした海鮮系をはじめ、フライドチキンや牛焼肉を使ったガッツリ系メニューから野菜だけを使ったベジタリアンメニューまでバラエティ豊かにラインナップ。どれもメインの具材に加えて野菜がたっぷり入っており、ヘルシーでありながら食べごたえ抜群です。



大ぶりなサーモンを巻いた「サーモン・イン・ブルーム」や、オマール海老のクリームコロッケを使った「オマール・キング・オブ・キングス」など、見た目も名前もユニークな寿司ブリトーを全部で11品ラインナップ。

しかし「beeat Sushi Buritto Tokyo」の一番の特徴は、日本ではまだ珍しい寿司ブリトー専門店ということではなく、店内にレジスターはおろか注文を受ける店員もいないオートメーションレストランだということ。
注文方法は、あらかじめパソコンまたはスマートフォンでオーダーサイトにアクセスし、希望内容を注文・決済。出来上がり時刻に合わせて店舗に向かい、店内のサービングボックスに用意されている料理を受け取るという仕組み。おっくうなレジ行列に並ぶこともなく、待ち時間ゼロで料理が手に入る最先端のファーストフード店です。



店内にはライトアップされたサービングボックスが並んでおり、2次元バーコード入りのパッケージで寿司ブリトーが提供される。

極彩色のライトがきらめく怪しげな店内に足を踏み入れるワクワク感も料理の味付けのひとつ。SF映画の世界で語られてきたような最先端のテクノロジーとリアルの食体験が融合する「beeat Sushi Buritto Tokyo」で、新時代の寿司体験に触れてみませんか。


●beeat Sushi Buritto Tokyo

住所:東京都千代田区外神田5-6-2
営業時間:11:00〜15:00
https://beeat.jp/