和食STYLE

光文社厳選!和食情報ナビ

〝発酵のまち〟の美肌管理栄養士野崎ゆみこの「こうじでCozy Life」⑧Xmasに大活躍! こうじスイーツのおすすめグッズ

今週はクリスマスですね。我が家はバタバタで、プレゼントの用意もこれからです!(笑)。ケーキをはじめ、スイーツをヘルシーに食べたいという患者さんやダイエット講座の生徒さんのお声を受けて、見た目もきれいでヘルシーなスイーツづくりにもとっても便利なオススメ商品をご紹介します。

私の地元、上越市は「発酵のまち」と言われ、たくさんの発酵食品が根付いています。そんな我が町でつくっている「コシヒカリ糀パウダー」は、お水に入れればこうじ水としていただけますし、そのままヨーグルトにふりかけて酵素たっぷりなおやつにすることもできる優れモノです。
生産者の方から直接お話を伺ったところ、丁寧に作られたこちらのパウダーは、低温で乾燥しているから麹菌も酵素も生きているんだそう。だから大量生産は出来ないそうです。ミルサーで麹をパウダー状にして手作りすることもできますが、コシヒカリ麹パウダーはとても粒子が細かく使いやすいんです。

コーヒーや紅茶に入れて飲んでもOK。今流行りのナッツミルク感覚でほんのり甘みがでます。即席コーヒーこうじ水ですね! 私は、外出時にジッパーバッグに入れて持ち歩いています。カフェで飲み物にサッと入れられて便利です。

自炊ができない時こそ持ち歩いて何にでもふりかけてみてください。ほんのりした甘味がプラスされるくらいで味の邪魔をしないので続けやすいです。
罪悪感のあるカロリーの高い食事も、麹をプラスすることで前向きに向き合えると思います。

ドレッシングは別添えにして麹をプラスすることで使用量を半分に減らしてみたり、ヨーグルトにふりかけて、お砂糖をやめてみたり、また、コーヒーのミルクを麹パウダーに変えてみたり……
できることからはじめてみると、自分の食事と向き合うきっかけにもなると思います。

こちらは、クリスマスにぴったりな簡単ケーキです。
食パンをカットして、お皿に立てたら、クリームといちごをトッピング。上から粉糖代わりの糀パウダーをかけるだけ。5分で完成ケーキ! いちごはローソンで買った冷凍いちご。小ぶりでストックしておくと飾りつけに役立ちます。

紙を切ってツリー型に切り、糀パウダーを茶こしでふりかけました。罪悪感のあるスイーツも麹パウダーで帳消し!みたいな感じでいいですね。
お皿までなめてほしい1品です(笑)。

さらにこちらは糀パウダークッキー。普段のクッキーも粉糖がわりに麹パウダーをふると高級感が出るうえ、麹のパワーも摂取できちゃいます。

口に当たる感じもほんのり甘くて美味しいです。

おまけのアイデアですが、こうじは美肌効果もあるので、アルコールの除菌スプレーにも麹パウダーを少し入れて手荒れ防止に。ハンドクリームが手放せないほど乾燥している方も多いですが、これで少しでも改善しましょう。

PROFILE
野崎ゆみこ

管理栄養士、麹マスター、健康運動実践指導者、インナービューティープランナー、野菜ソムリエ。

ジャパンホームベーキングスクールで20年以上学んだ経験を活かし、グルテンフリーの生米こうじパンを開発。「生米こうじパン」のDVDレッスンは大人気で多くの生徒さんが予約待ち状態。インナービューティーダイエット協会東京校やワークパル上越校での講師、保健センターでの栄養指導やダイエット専門協会での経験を生かし、飯内科クリニックにて独自の栄養指導で効果をあげている。

3姉妹の母でもあり、子供のアレルギーやアトピーの経験から「食べたもので身体はつくられている」をモットーに2019年、食の体験施設としてドクターズカフェをオープン。ダイエット指導をした生徒は100%の成功率を誇る。ワニブックス出版「やせるおやつ」レシピ監修。雑誌でもレシピ監修など活躍中。

「こうじでCozy Life」連載一覧はこちら→

「こうじでCozy Life」連載一覧はこちら→