site_logo

光文社厳選!和食情報ナビ

日々是和食

第8回日本さかな検定は全国9か所 6月25日(日)に開催です

全国各地の豊かな魚食文化や魚の知識、美味しい食べ方など、日本人の心身を育んできた魚食の魅力を、検定を通じて再発見していただき、魚との“旨い”出会いを応援する取り組みとして始まった日本さかな検定(愛称・ととけん)も、回を重ね今年で第8回を迎えます。
5歳から89歳と過去の受験者層も幅広く、世代を超えて楽しめる検定にとなっている“ととけん”は、延べ受験者数も2万人を突破して人気もますます高まってきています。
また、農林水産省が推進する国産農林水産物の消費拡大の取り組み「フード・アクション・ニッポン アワード2015」においては、食文化・普及啓発部門 優秀賞を受賞している検定で、今年は昨年の石巻、東京、静岡、名古屋、大阪、宇和島、福岡に加えて、新たに札幌、兵庫香美(かみ)でも開催される予定です。

3級(初級)、2級(中級)、1級(上級)の受験級別に各100問、4者択一方式で行われるのですが、例えば昨年の3級(初級)では以下のような問題が出題されています。


 
©鳥取県

●3級(初級):第7回100問からQ69

島根以北の日本海、オホーツク海の深海に生息するタナカゲンゲ(田中玄華)。その優しい顔立ちから、鳥取県水産課の職員によって名づけられた愛称を選びなさい。

①オジサン
②オバア
③トウサン
④ババチャン
※解答はこのページの最下段に掲載


初めて出会う発見や感動を通して、魚にもっと親しみたいという方を対象としている3級ですが、いかがでしょうか? 
検定マニアの方はもちろんながら、この問題で自信をつけた方、そして魚への興味が湧いてきた方、ぜひチャレンジしてみてください。 受検の申し込み締切日は5月22日(月)です。

この第8回日本さかな検定の詳細については、日本さかな検定協会の公式ホームページ http://www.totoken.com/ をご覧ください。


※解答 初級:Q69→④