和食STYLE

光文社厳選!和食情報ナビ

『自然薯(じねんじょ)の日』『いいビール飲みの日』

『自然薯(じねんじょ)の日』
静岡県熱海市で自然薯料理店「麦とろ童子」を営む清水元春氏が、「6」を「も」の字に見立て、「いい(11)いも(16)」と読む語呂合わせで制定。来たるべき冬に備え、身体にいい自然薯を食べて健康的に過ごしてほしいという願いが込められているそうです。

『いいビール飲みの日』
女性にお酒との上手な付き合い方の知識を身につけてもらい、生活習慣病のリスクを高める「飲酒」をしている人を少なくすることを目的に、ビール酒造組合が制定。
日付は2014年(平成26年)に施行された「アルコール健康障害対策基本法」に基づく「アルコール関連問題啓発週間」(11月10日~16日)の中で、「いい(11)ビール(16)」と読む語呂合わせから。

てっきり「ビールをたくさん飲んで!」という記念日かと勘違いされた方も多いと思いますが、ビール酒造組合は業界の健全な発展のための活動とともに、女性の適正飲酒啓発キャンペーンなども積極的に行っている団体なのだそう。お酒は自分の体質と適性を正しく理解して、程よく楽しみたいものですね。