和食STYLE

光文社厳選!和食情報ナビ

『かまぼこの日』『こんぶの日』

『かまぼこの日』
歴史上、かまぼこが初めて文献に登場したのは平安時代の1115年(永久3年)。関白右大臣の引っ越しの際の祝賀料理にかまぼこが振る舞われたと記されています(「類聚雑要抄/るいじゅうぞうようしょう」)。また、11月15日は七五三で、子供の成長を祝って紅白のかまぼこを用意する習慣があったこともあり、「1115」にちなんで、全国かまぼこ連合会が1983年(昭和58年)に制定しました。

『こんぶの日』
こちらも七五三にちなんだ記念日です。日本昆布協会が、新しい昆布が市場に出回る時期であるということに加え、「育ち盛りの子供たちが栄養豊富な昆布を食べて元気になってほしい」「昆布を食べる習慣を身につけてほしい」という願いを込めて、七五三と同日の11月15日を『こんぶの日』と制定したそうです。