site_logo

光文社厳選!和食情報ナビ

special

月刊「和食スタイル」4月号 いざという時、いただきたいのは和食では?! 和の備蓄食7セット

全世界で発生する巨大地震の約2 割が集中する地震大国・日本。
大規模災害発生から3 日間は人命救助が最優先となり、その間は公的支援を受けることは困難。
ライフラインや道路が寸断されていると外部からの食糧支援もままならないため、
最低でも3 日分以上の水・食料の備蓄が必要と考えられています。
現代は備蓄食も多様化しており、缶詰、水で戻すタイプ、レトルトなど
様々な形態・味わいの商品が販売されていますが、
今回は、ごはん類、野菜や魚を使ったおかず、和風デザートなど、
和の味わいが楽しめる商品をピックアップしました。
備蓄食はもちろん地震など物理的な被害を伴う災害だけでなく、
台風、大雪、インフルエンザにかかったときなど、戸外に出られない状況になった時にも大活躍。
「防災の準備をしなきゃいけないと思っているけど、まだしていない」
という方も多いのではないでしょうか。
そんな方はこれを機に、まずは今日から備蓄を始めてみませんか?

※商品価格はすべて税込です

IZAMESHI

「イザメシ」

いつどこで発生するか分からないのが災害の恐ろしさ。もしも勤務先で大きな災害に見舞われたときは、二次災害や帰宅困難による混乱を防ぐためにもむやみに移動を開始するのは厳禁。まずは決して慌てず、落ち着いて情報を収集することが大切です。だからこそ、防災のための食料は自宅だけではなく勤務先でも準備しておかなくてはなりません。「オフィスイザメシ」は、勤務先の非常食としてちょうどいい内容量と収納デザインを追求した、オフィスのための非常食セット。この和食セットではご飯2 種におかず、スープ、おやつ、500ml の水2本と、被災時の社内待機時間の目安となる1日~ 1.5日の食料が一箱にまとめられています。パッケージは標準的なキャビネットに収納できるサイズだから、自分のデスクの引き出しにすっきりと収納可能。また、デザインが洗練されていて“いかにも非常食” という見た目ではないので、共有のオープンラックで見せる収納をしても違和感なく馴染みます。「オフィスイザメシ 和食セット」の販売は3箱単位から。オフィスにおける防災意識向上のためにも、同僚と共同購入してみるというのも良いかも知れません。

イザメシ
  • オフィスイザメシ 和食セット(3箱セット)¥12,312
  • セット内容(1箱あたり):ふわふわ玉子粥(360g)×1、ほっこりけんちん汁(310g)×1、梅と生姜のサバ味噌煮(135g)×1、素材を活かした鶏ごぼう丼(250g)×1、黒みつきなこ餅(148g)×1、7 年保存水500ml×2、紙皿×3、割り箸×1、先割れスプーン×1、5年保証ウェットティッシュ×1
  • 保存期間:3年(保存食)、7年(水)
【問い合わせ先】IZAMESHI(杉田エース)

尾西食品

「尾西のごはんシリーズ」

お湯か水を加えて待つだけで柔らかくて美味しいご飯ができあがるアルファ化米。日本式の非常食の代名詞とも言えるこの食品は、今から半世紀以上前に尾西食品で誕生しました。そんなアルファ化米のパイオニアが展開するごはんシリーズ全12品の中から、人気の和ごはん4種類をピックアップしたのがこのセット。もちろん全てアルファ化米を使用しており、お湯なら注いで15分、水なら注いで60分でふんわりご飯が完成。油揚げを使用している「五目ご飯」以外は食物アレルギー特定原材料等27 品目をすべて使っていません。
また、出来あがり量は「五目ごはん」と「わかめごはん」が260g、「山菜おこわ」と「赤飯」が210gとボリューム満点。みんなが安心して食べられて、非常時に気になるカロリー不足の悩みも解消できます。尾西食品のホームページでは「五目ごはん」を使った炒飯、「赤飯」を使ったもち米シュウマイなど、非常食を日常食として味わうためのアレンジレシピも公開中。「気づいたら賞味期限が切れていた」ということにならないように、レシピを活用して定期的に消費しながら備蓄することで防災の安心はより確実なものになります。

尾西のごはんシリーズ
  • 尾西のごはんシリーズAY( 和風12袋入り)¥4,644
  • セット内容:五目ごはん(100g)×3、わかめごはん(100g)×3、山菜おこわ(100g)×3、赤飯(100g)×3 ※各スプーン付き
  • 保存期間:5年
【問い合わせ先】尾西食品

アルファフーズ

「美味しい防災食」

被災地には全国から支援物資として食料が届けられますが、寄せられる支援食品はパンやインスタント麺など炭水化物が中心。野菜や肉などを食べることは難しく、味気ないものになりがちです。アルファフーズの「美味しい防災食」シリーズは、普段と異なる食事に悩まされた実際の被災者の声をもとに、美味しさを追求して作られた非常食。5年以上もの長期保存性がありながらもレトルト食品特有のレトルト臭はほとんど無く、製造から実際に5年超が経過した商品を実食して味、匂い、見た目の検査を行っているので、その味わいは折り紙付き。非常食として開発されているので常温でも美味しく食べられ、開封してすぐに食べ慣れている家庭料理が味わえます。
また、今回紹介しているお試しセットの他にも「さば味噌煮」「いわしの煮付」「筑前煮」など、魚や野菜を使ったメニューを豊富にラインナップしているのも嬉しいポイントです。
非常時に「こんな時だから仕方ない」と味気ない食事を続けて、気持ちが滅入ってしまっては悪循環のもと。健やかな体と心を維持するために、非常時にこそ美味しい食事が必要です。

美味しい防災食
  • 美味しい防災食 1 食分お試しセット¥2,000
  • セット内容:梅粥(230g)×1、肉じゃが(130)×1、豚汁(180g)×1、ソフト金時豆(80g)×1
  • 保存期間:5年7ヶ月(製造日から)
【問い合わせ先】アルファフーズ

トーヨーフーズ

「玄米ごはん缶」

非常時に玄米食と聞くと「玄米はカロリー過多になりがちな日常のための食事だから、非日常時の食事には無縁」と思われる方も多いかも知れません。でも、白米の数倍ものビタミン・ミネラル・食物繊維を含んでいる玄米は、非常時にこそ摂取したい食材のひとつ。食べたいときに食べられるとは限らない非常時には、玄米の腹持ちの良さも注目すべきポイントです。トーヨーフーズの「玄米ごはん缶 」は、缶を開けるだけで玄米食を味わえる玄米缶詰。玄米そのものの味わいを堪能できる「プレーン味」と、食欲をそそる醤油の風味を効かせた「ほんのりしょうゆ味」の2種類の味が用意されています。
空缶に生の玄米を入れて密封状態で炊いているので香りが逃げておらず、缶を開けた時の香り高さは格別。口にすれば、玄米ならではの滋味豊かな味わいやプチプチとした心地よい食感が堪能できます。
玄米を美味しく炊くには水に一晩浸したりと手間がかかるので、1食分だけ用意するのは非現実的ですが「玄米ごはん缶」なら缶を開けるだけ。いつでもどこでも手軽に玄米を味わう手段として、非常時だけでなく普段のお弁当やアウトドアなどにもいかがでしょうか。

玄米ごはん缶
  • 玄米ごはん缶 ミックス6缶セット¥1,944(税込み)
  • セット内容:玄米ごはん ほんのりしょうゆ味(175g)×3、玄米ごはん プレーン味(175g)×3※各簡易スプーン入り
  • 賞味期限:3年(製造日から)
【問い合わせ先】トーヨーフーズ

アルファー食品

「安心米」

かつては「非常食といえば乾パン」というイメージがありましたが、今や非常食は美味しさで選べる時代。災害のショックで食欲が湧かなくなることも考えられるので、味や食感のバリエーションを考えて用意するというのは非常食選びの大事なポイントです。アルファー食品の「非常食安心セット バラエティ」は、コンパクトな箱に100% 国産米を使用したさまざまな味わいを詰め合わせた非常食セット。
1日3食で4日分以上に相当する14食入りながら総重量はわずか約1.9kgで、ボックスは取っ手付きだから非常時の持ち出しもスムーズです。セット内のごはん類4種はすべてアルファ化米を使用しており、食べるときには水を加えて戻すだけ。熱湯を注いで15分待てばその場で炊いたようなご飯が作れて、お湯が用意できないときは水を注いで60分で戻すことが可能です。
また、その水すら用意できない状況でも食べられるのが「おこげ(ぜんざい)」。北海道産小豆の「ぜんざい」ともち米を揚げてひとくちサイズにした「おこげ」が入っており、混ぜるだけで本格的なおこげぜんざいが完成。ホッとする優しい甘さで非常時の心を落ち着かせてくれます。防災において大切なのは普段からの心がけ。どんな状況でも食べられる食材を備えているというのは、大きな安心材料の一つになるはずです。

安心米
  • 非常食安心セット バラエティ(14食入り)¥5,400
  • セット内容:白飯(100g)×3、五目ご飯(100g)×3、山菜おこわ(100g)×3、梅がゆ(42g)×3、おこげ(ぜんざい)(145g)×2 ※各スプーン付き
  • 保存期間:5年
【問い合わせ先】アルファー食品

カインズ

「HIGORO」

いざという時の食料をどこに収納しておくか、というのは防災における大きな問題のひとつ。1か所にまとめると予期せぬ問題が起きた時に食材が全て失われてしまうため、数か所に分散しておくのが理想です。そんな分散収納に便利なのが、ホームセンター「カインズ」が展開する非常食セット。外箱のパッケージはA4サイズ大なのでかさばらず、本棚や引き出しなど身近な場所にすっきりと収納できます。
1日3食×3日分、合計9食の主食が詰め合わせてあるのにこんなにコンパクトなのは、炊いたご飯を急速乾燥させたアルファ化米を使用しているから。食べるときは、熱湯を注いで15分間待つだけで通常炊飯したものと遜色のないご飯ができあがり。お湯が用意できない場合は、約60分と多少時間はかかりますが水で戻すことも可能。カインズの公式ウェブサイトでは、備蓄期間が過ぎて通常の食事として食べる時に役立つアレンジレシピ動画も公開されています。防災で最も重要なのは日頃の備え。せっかく用意した食材を無駄にしないためにも、もしも一か所にまとめている方はこれを機に分散収納を考えてみてはいかがでしょうか。

HIGORO
  • HIGORO かんたん調理 9食セット¥3,240
  • セット内容:白飯[ 梅ふりかけ付き](100g)×3、五目ごはん(100g)×3、山菜おこわ(100g)×3※各スプーン付き
  • 保存期間:5年
【問い合わせ先】カインズ

ホリカフーズ

「レスキューフーズ」

高度なインフラの恩恵を受けている現代社会において、温かいご飯が食べられるというのは当たり前のことですが、そんな当たり前がいともたやすく失われてしまうのが災害の恐ろしさです。ホリカフーズの「レスキューフーズ」シリーズは、防衛庁向け非常食の製造技術から生まれた災害のための食料。
この「一日セットスタンダード」には、おかゆ、白飯、栗五目ごはんの3種類の主食をはじめ、肉や野菜を使ったおかずにスープなど、朝昼晩の3食分の食料がバランスよく取り揃えられています。
しかし、特筆すべきはセットに同梱されている発熱キット。化学反応で生じる熱を利用して食品を温める仕組みになっており、使い方は専用の外袋に発熱剤をセットし、食品を入れて、発熱溶剤を注いで待つだけ。火も電気も水も使わずに、いつでもどこでもアツアツの食事が用意できるんです。
心細くならずにはいられない非常時において、普段の当たり前こそ嬉しいものはありません。温かい味噌汁を口にしたとき、胸にじわっと安心感が広がる感覚は誰もが経験があるはず。非常時に温かい食事が食べられる用意があるというのは、とても心強いものです。

レスキューフーズ
  • レスキューフーズ 一日セットスタンダード¥4,222
  • セット内容:おかゆ(200g)×1、とりそぼろ(70g)×1、ウインナーと野菜のスープ煮(160g)×1、白いごはん(200g)×1、ビーフカレー(180g)×1、ポテトツナサラダ(100g)×1、栗五目ごはん(200g)×1、鶏肉うま煮(70g)×1、みそ汁(160g)×1、発熱キット×3、レンゲ・紙ナプキン×3
  • 保存期間:3年6ヶ月
【問い合わせ先】ホリカフーズ