site_logo

光文社厳選!和食情報ナビ

jisin

伝統の枠を超えた新感覚作品が続々登場!

老舗×若手 モダン和菓子って斬新な本格派♪

最近、若手職人が中心に作る新しい感性の和菓子が話題です。
6/16は、848年に仁明天皇が神前にお菓子をそなえ健康招福を祈誓したことが由来の「和菓子の日」。
そんな日に味わいたい珠玉の数々をご紹介。

すべて税込み・送料別。価格の後にの付いた商品は取り寄せ可。内容・価格は変更になる場合もあります。

食べて損なし!「京都」でも伝統の味が進化

イートイン限定

お土産&お取り寄せ

話題性も抜群♪若匠が作る関東の新定番

ふりだし
これもおすすめ!

茶道具の〝振り出し〟をモチーフに作った桐箱入り和三盆糖製の干菓子。フリスク感覚で携帯できる「ふりだし」(16粒)¥1,500

鶴屋信 東京店
熟練職人が目の前で生菓子パフォーマンス
東京・日本橋にある「鶴屋信 東京店」☎03-3243-0551には、首都圏初の常設生菓子実演コーナー「菓遊茶屋」が。カウンター席で、生菓子ができあがる様子に胸が躍る。できたての生菓子は味わいも格別。抹茶とセットで¥1,404

まだまだあります!全国の感性輝く逸材

あまいおはじき
これもおすすめ!

本物のおはじきのような飴。食べるのがもったいなく、飾っておきたくなるビジュアル。「あまいおはじき」(18個)¥864 

果実彩菓 きんかん大福
これもおすすめ!

めずらしい甘露煮した金柑入りの大福。もち米は地元でとれた最高級品を使用。
「果実彩菓 きんかん大福」(6個)¥1,188 

撮影/原田 崇、小松健一 スタイリング/佐々木のぞ美
取材/岩谷貴美 撮影協力/UTUWA

女性自身 2018年6月26日号より