site_logo

光文社厳選!和食情報ナビ

日々是和食

和食とワインの楽しいマリアージュ 清酒酵母を使ったフランスワイン

その土地で生まれたお酒こそ、その土地の料理と合う。和食に合わせるなら清酒に限る。そんな方にこそ試してもらいたい、和食とフランスワインの本当のマリアージュを追求した1本が7月10日にドウシシャから発売されました。
その名は「Levure No.9(ルヴュー・ニュメロ・ヌッフ)」。30年以上に渡り日本にブルゴーニュワインを紹介してきたフランスの老舗ワインメーカーとのコラボで生まれた、清酒酵母を使って醸造された世界初(※)のフランスワインです。

使用した清酒酵母は、日本醸造協会が全国の酒蔵に頒布している「きょうかい酵母」の中から、これまで数々の清酒品評会で金賞を獲得してきた、通称“横綱”こと「きょうかい9号酵母」。この酵母に、南フランスのワインの名産地・リムーの標高300〜400mの高地で育った、しっかりとした味わいのシャルドネを合わせました。



グラスに注げば輝く、わずかに緑色を帯びた黄金色の液体。洋ナシや柑橘のようなフルーツの香りに、かすかな樽香。そのフレッシュで豊かな香りの奥から、吟醸酒を思わせる吟醸香がほのかに漂います。口に含めばしっかりとした存在感があり、うま味のある丸い味わいと凛とした緊張感が共になって広がります。

ワインでありながら清酒の雰囲気を纏い、その香り、味から「きょうかい9号酵母」の確かな息づかいが感じとれる「Levure No.9」。お寿司、天ぷら、焼鳥、お漬物など、あらゆる和食と合わせて飲みたい、和洋の架け橋となる存在です。


(※)ドウシシャ調べ

ルヴュー No.9 750ml¥1,620
※価格は税込み


●ドウシシャ お客様相談室

0120-104-481
https://www.doshisha.co.jp/