site_logo

光文社厳選!和食情報ナビ

食の国日本〝食〟プロデューサー 松田龍太郎ブログ

Foodnia Japan 食の国 日本 連載 第32回

青森の海産物をてんこ盛り!「青森のっけ丼」

今年は夏休みを、少し早めに取り、親戚一同青森に集まる(私の実家のある弘前に)ことになりました。もちろんお目当ては「青森ねぶた」と「弘前ねぷた」です。2年ぶりに観ることができましたが、歳をとるほど、地元のお祭りの凄さや伝統を感じ得ずにはいられません。

さて、青森といえば、食の宝庫ですが(勝手にそう思っています!)、今回親戚を連れて行ったのは、「青森魚菜センター」です。そこの名物、市場内のお店に並ぶ新鮮な魚介類をはじめ、惣菜、地元の特産品、名物から、自分の好きな具材、好きな量をチョイスして、ほっかほかの白いご飯にのっけて食べる「青森のっけ丼」を食べて欲しかったからです!

ルールは簡単。入り口近くにある窓口で、具材と交換するためのチケットを購入。そのチケットの枚数に応じて、具材や量が決まるのです!たとえば、ウニであればチケット2枚必要など。

それぞれの個性がでてくるのがのっけ丼で、綺麗に満遍なく乗せる人もいれば、ウニやイクラなど、ここぞとばかりに一点突破で乗せる人もいます!

そんな僕は、欲張りなので、好物の「ホタテ」「エビ」「タコ」などを盛りつけながら「漬けマグロ」とできたての「だし巻き卵」をのっけたオリジナル丼を作りました!1300円(当時)のチケットで、ここまで豪快に、そして好きなように、自分の好物を乗せることができるのがここのウリです!青森に行きましたら、ぜひ「青森のっけ丼」を試してみてくださいね!

青森のっけ丼:http://nokkedon.jp/

松田龍太郎

松田龍太郎

1977年生まれ。青森県弘前市出身。慶応義塾大学環境情報学部卒業後、日本放送協会に入局。
報道カメラマンとして、全国各地の事件事故、災害など日々のニュースの現場をはじめ、紀行番組の撮影に従事。その後、2007年企画・プロデュース業に転職。2010年より株式会社オアゾ代表を務める。
積極的に女性クリエイターを活用し、特に食にまつわる事業・店舗開発、PRコンテンツ制作を得意とする。現在神楽坂6丁目に「八百屋瑞花」という青果販売する八百屋 を展開中。
http://www.oiseau.co.jp