site_logo

光文社厳選!和食情報ナビ

hers

千香子さんの和食大好き♥︎日記12「ぱくぱくチカチカ」

お仕事で高知に行ったとき、地元の方のお勧めで祢保希の本店〝司〟にお連れいただきました。
大皿に盛られた皿鉢に、なんて豪快! と驚いたのを覚えています。まずいただきたいのは、鰹のたたきですよね~。
毎日産地から届くという鰹は、新鮮なのはもちろん、肉厚で一切れの大きさにもびっくり!
翌日を心配しつつも、ニンニクを添えて、自家製のゆずぽん酢をたっぷりかけていただきます。珍味も美味しかった! 
地方に行くと必ずその土地の食材や珍味にもチャレンジします。高知では〝どろめ〟と呼ばれる生しらす、鯨のうねす、酒盗……。
日本酒もコップで供されますからね。お酒が強かったらもっと楽しいんだろうな(笑)。
すり身の揚げ物の土佐天も気に入りましたね。ぷりぷりした食感が美味しくて、必ずお願いしたい一品です。
新鮮だったのは、焼さばの棒寿司。焼いた鯖がパリッとしていて、ゆずと生姜の香りがする寿司飯がほんのり温かくて、絶妙なお味でした。
次はもっと欲張って、鰹と和牛の両方が楽しめる土佐しゃぶを試したいですね!

焼さば棒寿司¥1,100。新鮮な鯖を高温で香ばしく焼き上げ、ゆずと生姜を混ぜ込んだ寿司飯とあわせたもの。皮目もパリパリで、シャリもほんのり温かい絶妙な味。

新鮮な鰹のたたきや、揚げたての土佐天
黒潮の恵みを豪快にいただきマス!

土佐珍味盛り合わせ¥1,000。左から、うねす(鯨の腹側)の湯引き、どろめ(関東では生しらすと呼ばれるイワシ類の稚魚)、 酒盗(鰹の塩辛)。自家製 土佐天¥400。新鮮な白身魚のすり身の揚げ物。炭火焼 鰹のたたき¥1,200(1人前・写真は3人前)。伝統の一本釣りで釣り上げられた新鮮な鰹を炭火の強火であぶり、たたいて味をなじませた郷土料理。高知県産のゆずをたっぷり使った、自家製ゆずぽん酢を豪快にかけていただきます。パリッと焼き上げられた、脂の乗った皮目も美味しい。

新鮮な鰹のたたきや、揚げたての土佐天

祢保希(ねばげ) 銀座店

祢保希(ねぼげ) 銀座店

大正6年創業の土佐料理の老舗。一本釣りで釣り上げた鰹のたたきや皿鉢など、
高知の本店〝司〟と同じものがいただけます。鰹と土佐黒毛和牛のしゃぶしゃぶが
楽しめる、土佐しゃぶコース(1人前¥6,000・2名より)も人気。
●東京都中央区銀座7-6-8 ☎03-3572-9640(要予約)
月~金17:00~22:30(L.O.21:30)
土12:00~16:00(6名以上・コース予約のみ)16:00~21:30(L.O.20:30) 
日祝休

ワンピース¥67,000カーディガン¥31,000(ともにマーク ケイン/イザ)ネックレス¥60,000ピアス¥24,000
ブレスレット¥29,000(すべてココシュニック)バッグ参考商品靴¥59,000(ともにモディファイ/モディファイ日本橋三越本店)

撮影/落合隆仁(KIPS)ヘア&メーク/山内聖子(MARVEE)スタイリング/矢島千夏子 取材・文/駿河良美

HERS 2015年6月号より