site_logo

光文社厳選!和食情報ナビ

hers

和食の真髄を味わうなら懐石料理。今回は、関東と関西、両方の良さを取り入れた日本料理が自慢の「太月」に伺いました。目にも美しい至極の料理には、賀来さんも大満足!

ちょっとあらたまった特別な気持ちでいただきたいのが、懐石料理。
ゆっくりと会話を楽しみながら、手間のかかったお料理をひと皿ひと皿いただく――。歳を重ねたからこそわかる、贅沢な楽しみですよね。
今日伺った「太月」は、女性に人気の店。盛り付けの美しい八寸は一品一品に手が込んでいて、桜に仕立てたユリ根や木の芽の緑など季節感があって、額縁に入った絵のよう。
また、思わず「美味しーい!」と声が出ちゃったお椀は、出汁が濃くて豊かなお味です。食事は、ホタルイカとふきのとうの炊き込みご飯。土鍋の蓋を開けたときの驚きといったら! ちらし寿司のように美しくて繊細で、一口いただけば春の香りがして、ふきのとうの苦みがたまらない! 他ではいただけないお味ですね。器も素晴らしいの。現代の有名作家さんの作品やご主人が奥様と探してきた骨董など、器を愛でる楽しみもあって、それも女性にはうれしい限り。
次回は母や叔母を招待して、「キレイね~、やっぱり和食はいいわね~」なんて贅沢な時間を楽しみたいな。

賀来千香子
トップス¥58,000パンツ¥31,000ネックレス¥27,000バッグ¥135,000(すべてエスカーダ スポート/エスカーダ・ジャパン)イヤリング¥5,000〈ヴァンドームブティック〉リング¥14,000〈ケンゴ クマ プラス マユ〉(ともにヴァンドームヤマダ)
太月(たげつ) - 北青山

撮影/土屋崇治 ヘア&メーク/二法田サトシ(faccie)スタイリング/藤井享子 取材・文/駿河良美