site_logo

光文社厳選!和食情報ナビ

hers

千香子さんの和食大好き♥︎日記5「ぱくぱくチカチカ」

私の父は、お酒は飲めないけれど食べることが大好き。そんな父が愛しているのが、「ニュー鳥ぎん」の焼き鳥と釜めしです。ここには子供の頃から家族で来ているので、今もほっとする感じ。父が喜んでくれるので、2人で伺うこともあって、ここに来れば、もれなく父の笑顔がついてきます(笑)。
焼き鳥って、気軽においしくいただけるご馳走ですよね。「ニュー鳥ぎん」の焼き鳥は、奇をてらっていない、安心できる味。直球で王道で炭火焼きの香ばしい香りがして……。先月号のファッションタイトルと同じで、私にとって〝最高の普通〟な焼き鳥なの。なかでもつくねは「絶品!」と父が絶賛する味。私も、つくね、ねぎま、銀杏はリピートしちゃうかな(笑)。
最後にいただく釜めしも必須科目です。私は小柱釜めしが大好き! びっしりと入った小柱が本当に美味しくて。絶対にお勧めです!

賀来さんのお気に入りは、小柱釜めし

銀座 ニュー鳥ぎん

ジューシーで柔らかな平地飼いの若鳥を備長炭独自の火力で焼き上げます。約23種の焼き鳥、野菜など約9種の串焼きに加え、旬のネタが加わります。

賀来家の父娘ともに大好きというつくね¥170、レバー¥170、ししとう¥160手羽先¥270、ナンコツ¥220、銀杏¥170〈すべてひと串の価格〉賀来さんが必ずいただくしらすおろし。小鉢メニューも12種と豊富なのがうれしい。

銀座 ニュー鳥ぎん

撮影/落合隆仁(KIPS) ヘア&メーク/清水惇子 スタイリング/藤井享子 取材・文/駿河良美