site_logo

光文社厳選!和食情報ナビ

jisin

秋は魚介も脂がのって美味な旬を迎えます。ならば、せっかくなのでちょっとしたお出かけに漁港へご飯を食べに行くのはいかがですか?全国えりすぐりの漁港の近くでリーズナブル、かつ絶品料理が自慢の食事どころを紹介♪

※価格は、税込み。仕入れ次第で、価格や内容に変更がある場合もあります。

地魚の海鮮丼&お刺身はやっぱり漁港の醍醐味!

「師崎漁港」でコスパ抜群の鮮魚を堪能する

アジブツ切り

刺身を醬油ではなく、先代の女将から受け継いだオリジナルのコチュジャンにつけて食べるスタイルが評判となり、名古屋市内からわざわざ食べにくる常連客も多数。トサカノリとワカメの盛り合わせが付いた「アジブツ切り」(小)¥2,160。

大あさり焼き
このエリアでは豊富に捕れると有名な大アサリ。醬油ベースの自家製ダレで焼いた「大あさり焼き」¥750も名物メニュー。
たこのさしみ
刺身は季節によって、白身魚やイカ、車エビなど。「たこのさしみ」¥900は、ごま油で食べるのがおすすめ。
朝日屋
「朝日屋」

愛知県知多郡南知多町
大字師崎字朝日町2-1
☎0569-63-0089
11:00~18:30
休み:水

海鮮丼

名古屋市内から1時間ほどの知多半島にある有名店。食材はほとんど地元産なので鮮度が自慢。手前はマグロやタイなど約11種類がのった「海鮮丼」¥1,620で、奥は「本日の大将のおまかせ握り」12貫¥2,700。

ちなみ定食
「ちなみ定食」は、刺身や寿司に加え、煮魚やエビフライなどをバラエティ豊富に楽しめ、お得感もたっぷり。¥2,160
活魚料理鮨処 ちなみ
16年前にもともと母親がやっていた喫茶店を寿司店に改装。親しみやすい大将との会話を楽しみにしてくるお客も多いという。
活魚料理鮨処 ちなみ
「活魚料理鮨処 ちなみ」

愛知県知多郡南知多町
片名新師崎19-13
☎0569-63-1568
11:00~14:30、16:30~19:30LO
休み:水の午後、木

師崎漁港朝市

お土産を買うならココ

地元の漁師、仲買、水産加工会社など16店の有志が集まり朝市を開催。鮮魚、干物、しらすから野菜まで商品のほとんどは師崎産。魚介の焼き立てなども試食可能。
①大アサリが1箱で¥1,000、②真ダイも6匹で¥500、などと格安!

師崎漁港朝市
「師崎漁港朝市」
愛知県知多郡南知多町大字片名字新師崎8‐3
☎0569-63-0349
8:00~12:00 休み:水

「勝浦漁港」で極上のマグロやカツオを食べ尽くす

海鮮丼

都内から2時間ほどの房総半島にある新店。マグロやカツオなど日替わりで6種類の鮮魚が食べられる「海鮮丼」¥1,500。「丼」となっているが、ご飯は別添えの定食風で提供。マグロの白子など小鉢も付き、とにかくお値打ち。

かつおのハラス焼き
「かつおのハラス焼き」¥600は、うま味が凝縮されていて通好み。メニューも種類豊富にそろっていて、調理方法もさまざま。
勝浦港市場食堂 勝喰
「勝浦港市場食堂 勝喰」

千葉県勝浦市浜勝浦401市場前
☎0470-62-5533
10:00~13:30LO、
17:00~20:00LO
休み:水

生マグロ、イカ漬け丼

甘味のある自家製ダレにつけた分厚いマグロ&軟らかなイカがご飯にのっている「生マグロ、イカ漬け丼」はなんと¥648。
朝6時から営業しているので、漁港ならではの朝食を食べたくなったときにぴったり。

生マグロ丼
「とにかくマグロ尽くしにしたい!」という人には「生マグロ丼」¥648がおすすめ。味噌汁¥108を添えてセットにしても。
朝市新鮮広場うおすい
「朝市新鮮広場うおすい」

千葉県勝浦市勝浦136
☎0470-73-5505
6:00~12:00
休み:水

山五鮮魚店

お土産を買うならココ

勝浦漁港はもとより南房総の各漁港からその日のうちに水揚げされた鮮度抜群な魚介類がそろうと、地元でも一目置かれている老舗の魚介類専門店。
①大きなハマグリは3個で¥1,000、②アジの開きは1枚¥150。

山五鮮魚店
「山五鮮魚店」
千葉県勝浦市勝浦25
☎0470-73-0506
7:30~18:30 休み:水

こちらの漁港めしもおすすめ

小樽漁港

北海道 小樽漁港

系列の高級寿司店と同じ食材をリーズナブルに提供していると評判。見た目も鮮やかな大粒のイクラがこぼれんばかりに盛られた「イクラ丼」¥1,944は、北の大地の味を存分に満喫できる。

海鮮や よし丼
「海鮮や よし丼」
北海道小樽市東雲町2-2
☎0134-29-5151
10:00~15:00LO 不定休
八戸漁港

青森県 八戸漁港

寿司を中心に郷土料理もいただけるお店。 日本一脂がのっているといわれる八戸前沖サバを大胆に使った「八戸前沖サバ漬け丼」¥1,620は、全国どんぶりご当地選手権でグランプリを受賞。

寿司と新・郷土料理 俵屋
「寿司と新・郷土料理 俵屋」
青森県八戸市白銀町姥畑9-2
☎0178-33-6161
11:00~14:00、17:00~21:00LO 休み:月

獲れたの鮮度だからBBQや焼き魚・煮魚も絶品

「舞鶴漁港」で日本海の豪華食材を堪能

かに丼

ウニ丼やしらす丼など、約20種類ほどの丼が種類豊富にそろうだけでなく、地魚のすり身を使ったコロッケなど珍しい単品メニューにも出合える。太いズワイガニの身がどっさりのった「かに丼」¥1,500は、味噌汁と漬け物付き。

ふぐから揚げ
ふっくらとした軟らかな身をカラッと揚げた「ふぐから揚げ」¥850は、お酒を合わせたくなる一皿。
海鮮れすとらん ととや
「海鮮れすとらん ととや」

京都府舞鶴市下福井905
とれとれセンター敷地内
☎0773-78-2343
9:00~17:00
休み:水

アワビ

京都市内から2時間ほどの中丹地域にある店。鮮魚店を併設していて、店内に陳列されている魚介を自分の目で選び、好みの調理法で提供してもらえる。高級食材のアワビも100g¥1,300(焼き代プラス¥100)! 海鮮汁¥350とご飯¥200をプラスしても。

タチウオ
タチウオは、1匹丸ごとでも¥300。魚介を知り尽くしたスタッフが調理してくれるので、火入れも絶妙。
大六丸
「大六丸」(だいろくまる)

京都府舞鶴市下福井2-16
☎0773-76-8939
9:30~18:30
休み:火

舞鶴港とれとれセンター

お土産を買うならココ

地元産魚介を販売する4つの鮮魚店のほか、乾物店やお土産店、かまぼこ専門店などが並ぶ。①舞鶴産の「紫うに」¥1,800(右)と「粒うに」¥1,500(左)、②「白いか焼き」1匹¥800などその場で味わえるものも多数。

舞鶴港とれとれセンター
「舞鶴港とれとれセンター」
京都府舞鶴市下福井905
☎0773-75-6125
9:00~18:00 休み:水

こちらの漁港めしもおすすめ

活あわびステーキ

茨城県 大津漁港

実は茨城県はアワビの漁獲量が多いので、安価にアワビが食べられる穴場的なスポット。「活あわびステーキ(80g)」も¥1,950と破格。冬はアンコウ、夏はしらすもぜひ。

磯原割烹 喜平
「磯原割烹 喜平」
茨城県北茨城市磯原町磯原2550
☎0293-42-0213 11:30~14:00LO、
17:00~20:30LO
休み:水のランチタイム
煮魚定食

愛媛県 西条漁港

鮮魚の卸しなどをしている水産会社が運営する海鮮料理店。焼き魚など、シンプルな魚料理が食べたいときに重宝する。丸々としたキジハタを使った日替わりの「煮魚定食」¥1,296。

鮮魚市場マルトモ
「鮮魚市場マルトモ」
愛媛県西条市樋之口456-5
☎0897-55-1880 10:00~14:00 LO、
17:00~21:00LO、土日祝10:00~21:00LO5
休み:水

「小田原漁港」でワイルドな漁師料理に感動♪

バーベキュー

都内から1時間30分ほどの西湘地域にある店。敷地内にある鮮魚店や青果店で好きな食材を選び、バーベキューが楽しめる。1人¥2,500ぐらいの予算で、アジの開きやカキ、エビ、サザエなどをチョイスできる。

かにみそ
糖度が高いとうもろこし「ゴールドラッシュ」1本¥200も、地元でとれたもの。「かにみそ」¥700は、焼いたエビにつけると美味。
本マグロのホホ肉
鮮魚は焼かずに、その場で刺身にしてもらうこともできるのがうれしいところ。食べごたえたっぷりの「本マグロのホホ肉」¥1,025
バーベキューコーナー
「バーベキューコーナー」

神奈川県小田原市早川1-6-1
小田原さかなセンター内
☎0465-23-1077
9:30~17:00
無休

穴子の天丼

大きな魚を1匹丸ごと使うなど、素材使いが大胆な丼や定食は、どれもとってもボリューミー。豪快な盛り付けの「穴子の天丼」¥1,814は、小田原のシンボルで細長い形状が特徴の「小田原ちょうちん」をイメージしたもの。

とろあじの干物定食
「とろあじの干物定食」¥1,598は、脂がのった特大のアジを使っている。定食や丼には、全てアジのつみれの味噌汁付き。
金目鯛の煮付け
単品メニューの「金目鯛の煮付け」¥3,326は、切り身ではなく、丸々1匹で出てくるので迫力も満点。一度は食べてみたい。
漁師めし食堂
「漁師めし食堂」

神奈川県小田原市早川1-4-8
☎0465-24-0056
10:00~16:00
(土日祝~17:00)
無休

小田原名産

お土産を買うならココ

魚介類はもちろん、小田原名産のかまぼこや、干物、乾物などの珍味や地元の野菜や果物も扱う。①同じく地元で捕れた肉厚なアジは1匹¥300、②地元で捕れた特大の伊勢エビ1匹¥5,000は生きたまま購入可能。

小田原さかなセンター
「小田原さかなセンター」
神奈川県小田原市早川1-6-1
☎0465-23-1077
9:30~17:00 無休

“句の迎えた”おいしさ絶頂の魚介を目当てに♪

「香住漁港」でシーズン到来の香住ガニを巡る!

かに丼

1日限定20食「かに丼」¥1,620 は、繊細な香住ガニのほぐし身をふんだんに使った自慢の一品。板長特製のカニみそを混ぜるとさらにおいしさが倍増するので、ハシが止まらなくなる。小鉢・味噌汁・お漬け物付き。

陶板焼かに
自分で焼くのでお好みの火入れができる、ズワイガニの「陶板焼かに」¥1,620。しっかりと身が詰まった脚がたまらない。
香住かに御膳
「香住かに御膳」¥3,780は、香住ガニのボイルが1匹丸ごと出てくるうえに、刺身やミニ丼、天ぷらなども付く超お得なセット。
かに八代 れんが亭
「かに八代 れんが亭」

兵庫県美方郡香美町
香住区香住1452
☎0796-36-1341
11:00~14:00
不定休

紅ズワイガニ

神戸市内から2時間ほどの但馬地方にあり、日本海を眺められる老舗寿司店。秋に旬を迎える香住ガニ(紅ズワイガニ)メニューは、手前が「カニのにぎり」1貫¥430、奥は1匹丸ごと出てくる「香住蟹のボイル」¥2,480~など。

香住蟹ちらし
「香住蟹ちらし」¥1,290は、ゆでてほんのり甘味がでている香住ガニのほぐし身がたっぷりと敷きつめられている。
三七十
「三七十(みなと)鮨」

兵庫県美方郡香美町香住区香住1772
☎0796-36-1262
10:30~21:30LO
休み:火

カニ

カニ

香住漁業協同組合直営だから、カニ製品がいっぱい。①お土産に最適な「香住かにぞうすい」(2人前)¥464、②9/17に発売されたばかりの「香住ガニ お醤油」100 ml ¥1,944、 ③2の醬油を使った「カニしょうゆとクリーム」¥380。

遊魚館
「遊魚館」
兵庫県美方郡香美町香住区若松747
☎0796-36-4545
8:30~18:00 休み:火

161004_sub_title04

「佐賀関漁港」で関サバの刺身や焼き魚を

地元で捕れる天然ものにこだわる関サバや関アジが名物。
漁協から仕入れた活魚はいけすに入れて、注文を受けてから魚をさばく。「関さばのお造り」¥2,200〜(1人前)は、シーズン中に一度は食べたい。

関のさば焼き定食
えりすぐりのサバは、丸々と太り脂がのっている。シンプルに調理した「関のさば焼き定食」¥1,600などで味わいたい。
関の漁場
「関の漁場(りょうば)

大分県大分市大字佐賀関2016-4
☎097-575-0351 11:00~18:00
(土日祝10:30~)
休み:木

「加布里漁港」でカキやハマグリを炭火焼きに

海の栄養をたっぷり吸収し、ミルキーでふっくらした味わいに育った特大のカキは1㎏(約10個) で¥1,500。
カキの味を引き立てる、専用に開発したポン酢やうまくち醬油もあるので、試してみて!

船長おまかせセットメニュー
「船長おまかせセットメニュー」1人前¥2,000〜は、アワビやホタテ、ハマグリなどが入った5種類の貝類(内容は相談可)を楽しめる。
牡蠣小屋 住吉丸
「牡蠣小屋 住吉丸」

福岡県糸島市加布里1196-18
☎092-323-0325
9:00~17:00
不定休

「ウトロ漁港」でお目当ての秋サケを豪快に

店名のとおり、店を切り盛りしているのは秋サケを知り尽くしたウトロ漁協婦人部の女性たち。
「鮭親子丼」¥1,800は、プチプチのイクラとほどよい塩気がきわだつサケの身で、2つの食感と味を楽しめる。

ほっけ定食
北海道ならではの大きなホッケを焼き魚にした「ほっけ定食」¥1,200には、小鉢や味噌汁がセットに。
ウトロ漁協婦人部食堂
「ウトロ漁協婦人部食堂」

北海道斜里郡斜里町ウトロ東117
☎01522-4-3191
8:30~15:30
無休 ※11月上旬~4月中旬は休業

「大船渡漁港」でバリエいっぱいのサンマ料理を

現役の漁師でもあるオーナーが自ら水揚げした魚介類は、鮮度はもちろん大きさにもこだわったものばかり。
盛り付けが美しい「さんま刺身」も1人前¥680(写真は4人前)と良心的な価格。

さんまユッケ
「さんまユッケ」¥680は、地元ならではの通な食べ方。思わず、お酒がすすんでしまう一品。
秋の味処 鰣不知
「秋の味処 鰣不知(ときしらず)

岩手県大船渡市大船渡町野々田21-2 復興大船渡プレハブ横丁
☎0192-47-3677
18:00~22:15LO
休み:月

撮影/田村浩章、小松健一 取材/岩谷貴美

女性自身 2016年10月4日号より