site_logo

光文社厳選!和食情報ナビ

classy

田中伶子先生の結婚できる和食教室

今回の主菜は、「鰆」という字の通り、春の訪れを告げる魚として
親しまれているさわらに、ほんのりと甘い味噌の旨みを含ませた西京焼き。
白いご飯にぴったりな一品です。
だし餡に薬味を効かせていただく揚げ出し豆腐と
彩り豊かな野菜の甘酢漬けも、マスターしたい副菜です。

第16回◉今月の献立[主菜]さわらの西京焼き[副菜]揚げ出し豆腐 野菜の甘酢漬け

[作り方]

さわらに塩をふる

さわらに塩をふる

さわらに塩少々をふって10分おく。

さわらの水気を取る

さわらの水気を取る

①をさっと水洗いし、
クッキングペーパーで水気を取る。

POINT
さわらに塩をふって余分な水気を取ることで、くさみを抜きます。
味噌床を作る

味噌床を作る

[A]を混ぜ合わせる。

さわらを味噌床に漬ける

さわらを味噌床に漬ける

保存袋に②と③を入れてよく馴染ませ、
袋の空気を抜いて冷蔵庫で1日おく。

さわらを取り出す

さわらを取り出す

④からさわらを取り出し、
表面についた余分な味噌をぬぐう。

POINT
味噌が付いていると焦げやすくなるので、きれいに取り除きましょう。
さわらを焼く

さわらを焼く

グリルに皮目を上にして並べ入れ、
中火で7〜8分焼く。
器に盛り、はじかみ生姜を添える。

  • 読者が挑戦

    NPO日本食育インストラクター協会理事
    田中伶子先生
    田中伶子クッキングスクール代表。福岡女子大学卒業後、1964年に料理教室を開設。家庭料理の基礎から食のプロ養成まで指導にあたる他、TV番組の出演や雑誌の執筆、食品・流通・広告会社等での商品企画など幅広く活躍中。

    読者代表 木村優希さん(アイシングクッキーサロン主宰・34歳)アイシングクッキー講師をするなど、料理は好きだけどすべて自己流。初レッスンに期待。

  • 読者が挑戦

    「さわらの両面に軽く塩をふっておきましょう。くさみが取れて、味も染みやすくなります」「下ごしらえが大切なんですね」

  • 読者が挑戦

    「調味料を混ぜ合わせた西京味噌と、しっかりと水気をふき取ったさわらを保存袋に入れて漬けるだけ。簡単でしょう?」

  • 読者が挑戦

    「西京漬けがこんなに手軽にできるなんて! 冷蔵庫の場所を取らないのも嬉しいですね。他の魚でも作ってみたいです」

  • 試食TIME

    「西京焼きは意外に簡単でしょ。保存袋で手間をかけずに作れます」「揚げ出し豆腐も、美味しくできるコツがわかりました」

  • 試食TIME

    「玉ねぎは、繊維に沿って切るとシャキシャキとした食感に。煮崩れするのを防ぎたいときも、繊維に沿って切るようにしましょう」

  • 試食TIME

    「衣がはがれずにカラッと揚がりました。おだしもいい香り!」「きれいに揚がりましたね。餡をかけて薬味を添えれば完成です」

  • 試食TIME

    「まず、豆腐は10分ほど水切りしておくことがポイントです」「片栗粉がべちゃべちゃにならず、ムラなくつきますね」

試食TIME
「すぐに食べない場合には、
蓋付き容器に入れて冷蔵庫へ。
1週間ほど保存できます」
「たっぷりと作って楽しみたいです!」

第17回の献立は…[主菜]あじフライ[副菜]なす田楽 じゃがいものオランダ煮

調理 監修/田中伶子 撮影/馬場わかな スタイリング/佐々木カナコ
取材/首藤奈穂 編集/廣瀬園美

CLASSY. 2016年5月号より