site_logo

光文社厳選!和食情報ナビ

pr

養命酒

養命酒の原酒づくりから生まれる本みりん!

日本の代表的な調味料のひとつである「本みりん」。蒸したもち米、米こうじ、焼酎もしくはアルコールを原料とし、一定期間熟成。その後さらに長時間かけて調熟させて造られます。
アルコール分が約14%で、酒類調味料です。本みりんと混同しやすい「みりん風調味料」は、成分や製造方法がまったく異なる別物なのです。みりん風調味料は、アルコール分が1%未満で水あめなどの糖類や調味料を添加。そのため、アルコールによる調味効果は期待できません。養命酒製造の『家醸本みりん』は、信州産もち米と米こうじ、中央アルプスの伏流水を使い、養命酒づくり400年の伝統を受け継いだ昔ながらの製法で造っています。
滋養強壮剤として有名な「薬用養命酒」の製造にはみりんが用いられます。『家醸本みりん』は、それをさらに寝かせて味を熟成させたもの。
上質でまろやかな甘み、旨味が特徴の『家醸本みりん』。料理に使うと驚くほどおいしくなると、プロの料理人からも支持されています。上品でまろやかな甘味が加わるだけでなく、風味も豊かに。テリ、ツヤが生まれ、おいしさの秘訣でもある見た目も美しく仕上がります。料理のかくし味に使えば、いつもの料理のおいしさが格段にアップ!
本みりんの特徴を把握して、その特徴を生かした料理研究家・川上みゆきさんの絶品料理をお試しください。

本みりんの特徴はこの6つ ― 全国味淋協会HP参照 ―

まろやかな甘み
砂糖の成分はショ糖が主体で強い甘みが特徴。
一方の本みりんは、ブドウ糖やオリゴ糖などの多種類の糖で構成されているため、上品でまろやかな甘みがきわ立ちます。
テリとツヤ
本みりんは、テリとツヤに有効な糖類など複数の糖類を含んでいます。
そのため、清酒と糖類では代用できないテリとツヤを料理にもたらします。
煮崩れ防止
本みりんに含まれる糖類とアルコールが素材の煮くずれを防ぎます。
動物性食材は筋繊維の崩壊を抑制し、植物性食材はでんぷん粒の流出を抑制。
美しい見た目を保ち、食材の旨味も逃しません。
コクと旨味
蒸したもち米が原材料である本みりんは、旨味や風味の幅が広がるアミノ酸やペプチドなどの成分と、
上品な甘みを与える糖類、その他の成分が複雑に絡み合っています。
そのため、料理に深いコクと旨みが生まれます。
味がしみ込みやすくなる
アルコールは分子が小さいため、素早く食材にしみ込みます。
また、旨味成分のアミノ酸、有機酸、糖類などの浸透も早めるため、料理味付けも早く、しかも均一に仕上がります。
消臭
臭みを消す働きを持つ本みりん。熱が加わると、素材にしみ込んだアルコールが蒸発。
その際にアルコールが魚や肉の臭みも一緒に連れ出してくれます。また、アルコール、糖類、アミノ酸、有機酸の反応で臭い成分の構造に変化を起こすこともわかっています。

本みりんの特徴を生かした絶品4レシピ

素材の持つ味を活かしつつ、コクと旨味がきわ立つ和食。
シンプルで簡単なのに見栄えがよく、普段のおかずだけでなくおもてなしにも役立つ料理をご紹介。
本みりんの自然なやさしい甘みが料理を一段と味わい深くし、おいしく仕上げてくれます。

豚フィレ肉の味噌揚げ

鰯の香梅焼き

蕪の玉味噌射込み

鮭の炊き込み御飯

料理研究家川上みゆき
料理研究家川上みゆきさん恵比寿ガーデンプレイスの自宅マンションにて少人数制サロン風料理教室「ミユキクッキングサロン」と、クックパッド認定料理教室「恵比寿ガーデンプレイス教室」主宰。
渡辺早苗氏に師事し、日本料理・家庭料理を学び、師範取得。フランス料理はダニエル・マルタン氏に師事。和食、中華、イタリアン、フレンチ、洋菓子を家庭料理からおもてなし料理と幅広く対応。
雑誌、企業会報誌、WEBなどにおいてレシピ提案なども手掛ける。

商品の特徴の詳しくは、料理レシピなども多数掲載されている
養命酒・家醸本みりんのサイトをご覧ください。

撮影/正重智生 取材/川上和美

PR