site_logo

光文社厳選!和食情報ナビ

classy

田中伶子先生の結婚できる和食教室
  • 読者が挑戦

    NPO日本食育インストラクター協会理事
    田中伶子先生
    田中伶子クッキングスクール代表。福岡女子大学卒業後、1964年に料理教室を開設。家庭料理の基礎から食のプロ養成まで指導にあたる他、TV番組の出演や雑誌の執筆、食品・流通・広告会社等での商品企画など幅広く活躍中。

    読者代表 石川リサさん(主婦・31歳)夫の赴任先であるバンコクから帰国したばかりなので、和食への関心は人一倍あり。

  • 読者が挑戦

    「仕上がりの目安は黒豆をつまんで確認しましょう。指でつぶれるくらいの柔らかさになれば完成ですよ」

  • 読者が挑戦

    「ふっくら柔らかくて美味しい! 黒豆はもっと手間がかかるイメージでしたが、ポイントを押さえてコトコト煮れば失敗しませんね」

  • 読者が挑戦

    「焦がさないように気を付けて練りましょう」「お芋がぽってりとした固さになって、段々と艶が出てきました」

  • 試食タイム

    「おせちが自分で作れるなんて感激です!」「市販のものと組合せつつ、できるものから手作りおせちに挑戦してね」

  • 試食タイム

    「巻き始めはすき間ができないように」「巻き終わったら、粗熱が取れるまで輪ゴムで留めたまま置いておくのですね」

  • 試食タイム

    「生地が崩れないように、クッキングシートごと天板から外し、その上に巻きすをのせてひっくり返してもいいですよ」

  • 試食タイム

    「いくらをのせると、ぐっと豪華に華やぎますね」「なますの酸味に塩気のあるいくらが合って、さらに美味しくいただけますよ」

第13回の献立は…[主菜]とんかつ[副菜]炒り豆腐じゃこピーマン

調理・監修/田中伶子 撮影/馬場わかな スタイリング/佐々木カナコ 取材/首藤奈穂 編集/廣瀬園美

CLASSY. 2016年1月号より