site_logo

光文社厳選!和食情報ナビ

● トピックス:和食遺産

storyphoto
倉本康子さん、福岡から天草へ冬の美味を味わい尽くす旅
各地に伝わる郷土の味覚を紹介する旅の連載も今回で最終回。初冬の九州を訪れ、旬の新鮮な海の幸を堪能しました。連載は終了となりますが、世界に誇る文化遺産である「和食」や日本の魅力を伝える企画は、今後も折々に掲載していきたいと思っておりますので、どうぞご期待ください。
more
storyphoto
NIPPONの「和食遺産」を巡る旅 京都編 榊ゆりこさん、「八寸」で京料理の美学を学ぶ
全国に伝わる郷土料理を紹介してきた連載の特別編として、今月は「和食遺産」の核となる町・京都で懐石料理の八寸について学びます。味覚はもちろんのこと、見た目も重視される繊細な京料理のなかでも八寸は料理人の美意識が反映される一品。そのもてなしの心を榊ゆりこさんが教わりました。
more
storyphoto
NIPPONの「和食遺産」を巡る旅 郷土料理編 金沢の「はす蒸し」
金沢の街を流れる2つの川のうち「女川」と呼ばれ、親しまれている浅野川。川沿いには茶屋街として栄えた主計町の風情ある町並みが残っています。
more
storyphoto
NIPPONの「和食遺産」を巡る旅 郷土料理編 大分の「りゅうきゅう」
各地域に伝わる郷土料理を探す旅のシリーズ5回目は、温泉王国&郷土料理の宝庫である大分県に出かけました。日本有数の漁場・豊後水道に面し、全国的に知られる高級魚も味わえる恵まれた土地だけに、魚を使った伝統料理も充実しています。大分県全域で愛されるシンプルな漁師料理を堪能しました。
more
storyphoto
NIPPONの「和食遺産」を巡る旅 郷土料理編 佐賀・白石町の「須古ずし」
今回取材したのは佐賀県の中南部に位置する白石町須古地区に室町時代から伝わる色鮮やかな寿司。有明海の干潟を住処とするムツゴロウを具に使う地域色溢れる料理を秋本祐希さんが習いました。
more
storyphoto
NIPPONの「和食遺産」を巡る旅 郷土料理編 青森の「いちご煮」
今月の郷土料理を探す旅の舞台は、青森県の太平洋沿岸地域。 八戸市の種差海岸から県の最東南端に位置する階上町周辺は、三陸復興国立公園に指定されているエリアで、美しい自然と美味の宝庫。 トレイルコースとしても人気の海岸線でダイナミックな風景と豪華な海の幸を堪能しました。
more
storyphoto
第4回 NIPPONの「和食遺産」を巡る旅 郷土料理編 福井・小浜の「浜焼き鯖」
今回の郷土料理を探す旅の舞台は、福井県小浜市。豊富な魚介類の宝庫である若狭湾に面し、天皇家に食材を献上する御食国として都の食文化を支え、京へ海産物を運ぶ「鯖街道」の起点となった美食の町で、名物の浜焼き鯖を使った料理を習いました。
more
storyphoto
第2回 NIPPONの「和食遺産」を巡る旅 郷土料理編 佐渡の「煮しめ」
全国に伝わる郷土料理を発見する旅の第2回は、榊ゆりこさんが佐渡を訪ねました。お祭りや、冠婚葬祭に欠かせない島の伝統料理の「煮しめ」を習い、漁師料理の「沖汁」や郷土菓子の「型おこし」作りも体験。特別天然記念物の朱鷺に偶然遭遇するというラッキーな出合いもありました。
more
storyphoto
第3回 NIPPONの「和食遺産」を巡る旅 郷土料理編 広島・三原の「たこ飯」
全国に伝わる郷土料理を発見する旅シリーズの3回目は、たこ好きで知られる倉本康子さんが「たこ飯」をお目当てに広島県三原市を訪ねました。広島はご両親の故郷で親戚も多く、やっこちゃんにとっても特別な場所。 大好きな場所で大好物を堪能して、笑顔溢れる旅でした。
more
storyphoto
第1回 NIPPONの「和食遺産」を巡る旅 郷土料理編 愛媛の「松山鮓」
今月から、全国各地に伝わる行事食や郷土料理を発見する旅がスタートします。第1回目の旅人は前田ゆかさん。愛媛県のおもてなし料理「松山鮓」のレシピを教わりました。 さらに南予地方の宇和島に伝わる「鯛めし」や「ふくめん」など、地域色あふれる郷土料理にも出合いました。
more
storyphoto
第12回 NIPPONの「和食遺産」を巡る旅 静岡・浜松の「うなぎ」
絶滅が危ぶまれ、ここ数年ですっかり高級食材になってしまったうなぎ。輸入物が主流となり、天然物はおろか養殖うなぎもいまや希少な食材に。今回はうなぎの名産地として知られる浜松、浜名湖周辺を旅しました。
more
storyphoto
第11回 NIPPONの「和食遺産」を巡る旅 鳥取の「松葉がに」
「鳥取県は、蟹取県へ改名しました」と、知事自ら公言したことで話題を呼んだ鳥取県。今月は、山陰を代表する冬の味覚、松葉がにを求めて鳥取東部の岩美町に出かけました。首都圏ではなかなか味わうことができない松葉がにのフルコースや、親がにを使ったおふくろの味など蟹取県ならではの美味を堪能しました。
more
storyphoto
第10回 NIPPONの「和食遺産」を巡る旅 長野の「きのこ」
美しい山々に囲まれた長野県は野菜や果物の宝庫。きのこの産地としても有名で、とくに信州・中野市は、えのき茸の生産量全国一を誇るきのこ王国。新しい品種栽培に力を注ぐきのこ園ではレストランのシェフたちも注目する希少なきのこに出合い、野尻湖周辺の山ではきのこ狩りにも挑戦。きのこの奥深さに魅せられました。
more
storyphoto
第9回 NIPPONの「和食遺産」を巡る旅 三重の「的矢かき」
新鮮な海の幸に恵まれ、古くから"美し国"と称えられる三重県。 10月20日からシーズンがスタートした的矢かきを目当てに、前園さんが伊勢志摩へ出かけ、海女さんとの交流も楽しみました。
more
storyphoto
第8回 NIPPONの「和食遺産」を巡る旅 宮崎の「伊勢海老」
9月1日から漁が解禁となる伊勢海老は、宮崎の秋を代表する海の幸。 県内各所で伊勢海老祭りが開催され、大いに賑わう宮崎県へマエノリさんが旅に出かけました。
more
storyphoto
第7回 NIPPONの「和食遺産」を巡る旅 京都の「賀茂なす」
独特な形や味わいの伝統野菜が数多く受け継がれている京都。今回は京野菜の代表「賀茂なす」の産地洛北、上賀茂へ出かけました。
more
storyphoto
第6回 NIPPONの「和食遺産」を巡る旅 山形・鶴岡の「だだちゃ豆」
ビールの美味しい季節となりました。おつまみに欠かせない枝豆も旬を迎えています。今月は、枝豆の最高峰と名高い「だだちゃ豆」の故郷、鶴岡を訪ねました。
more
storyphoto
第5回 NIPPONの「和食遺産」を巡る旅 沼島の「鱧」
関西の夏の風物詩といえば鱧。 京都の祇園祭は別名“鱧祭り”と呼ばれるように、この時期多彩な鱧料理が食卓を飾ります。 とくに、極上の鱧の産地として有名なのが淡路島の南端に浮かぶ沼島です。漁師料理から伝わった本場の鱧すきと、鱧料理には欠かせない淡路島の完熟玉ねぎを味わいに、兵庫県を訪ねました。
more
storyphoto
第4回 NIPPONの「和食遺産」を巡る旅 富山の「白えび」
月に漁が解禁となり、今が旬の白えびは富山県を代表する海の幸のひとつ。ここでしか味わえないキトキトの「富山湾の宝石」を求めて、越中へ出かけました。
more
storyphoto
第3回 NIPPONの「和食遺産」を巡る旅 高知の「鰹」
3月中旬から下旬、黒潮にのって四国沖に来たのが初鰹。そして鰹料理の代表と言えば「鰹のたたき」。 土佐の一本釣りで有名な中土佐、久礼を訪ねて本場の鰹のたたき作りに挑戦しました。
more